ワックス

恒例。

ってことになると、「今年はやらないよ」と言っていても、いつの間にかやることになっている(^^;。

オヤジが急遽昨日休むと言い出したのも、実は彼の中ではすでに「恒例」になっていて、それが普通だから動かせなくなっているのかも、ね。

というわけで、朝飯を食べてから「恒例」のワックスがけを始めることになった。今年から息子は不参加となり、娘一人で作業に当たる。受験を控えているし、一人で、ということだから、作業を大幅に軽減することにした。
例年だとワックスを一度剥がしてから再びかけるんだけど、今年は剥がしなしで、床をキレイに水拭きしてから薄くワックスがけすることにした。これだけでもやらないより全然見た目は違う。

(やむをえず)床に置いてあるものをいろいろ移動してから。娘はジャージ姿で登場。薄着に見えて「下に4枚重ね着してる」そうだから大丈夫。箒で掃いてから水拭きと乾拭き。そしてうすくワックスがけ。
ワックスを伸ばしているあいだはその場所に入れなくなるので、いつもタイミングを考えながら。女房が買い物から帰ったのを見計らってワックスがけ。その後昼飯。戻ってきたら乾いている。乾いた場所に物を移動する・・・。この繰り返し。

例年だとワックス剥がしに一番時間がかかるんだけど、それをはぶいたから娘はかなり楽にやっている様子だ。これくらいなら問題ないかもね。

その横でワタシはドーンと積み上がった要荷造り作業の本に当たった。やっぱり巻きダンボールを余分に調達しておいてよかった。もし買っておかなかったら明日の仕事がまったくできなくなるところだった(^^;。

やはり、「(年末の)梱包材は迷ったら買っておけ」の経験則は生きている。これ、GWでも夏休みでも同じネ(^^;。
1776歩 1.06km 17分 85.9kcal 2.1g

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、甘露日記が2013年12月30日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「出かけず」です。

次のブログ記事は「大晦日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。