2011年9月アーカイブ

月末

といっても、特段に変わることもなし。

荷造り作業。昨日までご送付先をお知らせいただけなかった方から2件ご連絡があり、嬉々として荷造り。交換会もなく、入荷した本に淡々と仕事をかけていく。

朝飯を食べながら爆問を見た。イグノーベル賞の紹介をしていた。ばかばかしい研究に与える賞らしいのだけど、実際にはどこかにつながる研究ばかりのようだった。まあ、シャレなんだろうね。バウリンガルもこの賞を過去に受賞していたらしい。おもしろグッズかと思っていたが、ちゃんと膨大なサンプルを集めて声紋分析して、鳴いている時の動画と照らし合わせた上で製品化していた。そーだったかー・・・。
太田さんも言ってたけど、バカバカしい研究とちゃんとした研究を線引きする基準ってなんだろうね。どんな研究でも深く掘っていけば何らかの”真理”に到達できるはず。それはアプローチの仕方が違うだけで、バカバカしいもちゃんとしたも違いはないのでは?
人間の最もキライな音は「黒板を引っ掻く音」で、実はその音がチンパンジーの発する「仲間に危険を知らせる鳴き声」に酷似していた、なんて結果が出た。これはもう立派に学問の領域でしょう・・・。

明日ドーンと到着する予定の大市会落札品にそなえ、せっせと本の整理。とはいえ、1日にやれる仕事量にはおおよそ限界があるようで、意気込みよりも少ない結果しか残せなかった(^^;。

夕食後はランニング。ゆっくりと長原往復。雪谷駅前で検問やってた。
10713歩 6.42km 82分 620.6kcal 27.8g

1日店

快晴の空。真夏に比べれば格段に涼しい。

布団干し。いい季節になった。

今日は大市会当日。ワタシは昨日のうちに入札を済ませているので、今日はみっちり店で仕事をするつもり。荷造り作業は少なめ。午前中から本の整理を始める。
オヤジはクルマの一ヶ月点検で近所のディーラーまで行っている。いい機会だからあれこれとクルマについて尋ねているに違いない。まあ、それは別にどうでもいい。

ラジオを聴いていると、10月の改編期直前ということで、「最終回」と銘打つ番組がちらほら。最終回は仕方ないと思うのだが、問題は「第一回」。慣れないアナウンス新人みたいな人だと確かに噛んだりつっかえたりすることが多くて、聴いているこちらはずっこけたりする(^^;。ラジオは絵がない媒体なので、しゃべりのつっかえはある意味致命的だ。
とはいえ、当初ダメだった人が回数を重ねるうちにどんどん良くなっていくのは何度も聴いて知っているので、交代したばかりの時はあまり聴かなけれいいということに気がついた。人によるけど、最初の2、3ヶ月くらいは厳しいかもなぁ・・・。

昨日は「取り置き期間経過したので返送します」という付箋の貼られた荷物が帰ってきた。再発送しなければならないと思い、その旨すぐにメールでお客様にお知らせしたが、未だにお返事がもらえない。
今朝は別件で「送金したので送ってほしい」という旨のお電話を頂いた様子。その後ファクスも送られていたが、確認してみるとご送付先の記載がない。どちらへお送りすればいいのでしょうか・・・。こちらからできるあらゆる方法でその旨お知らせしたものの、ご送付先は未だご連絡いただけない。
あまりに多くてもう慣れっこになりかかっているが、「(案内の)メールが届きません」と書かれたメールのアドレスを確認するとこちらが全く知らないアドレスから送られてきているケース。たとえばヤフーのメアドが登録されているのにケータイメールで「届きません」と仰る場合。これはご本人かどうか確認しようがないので困ります。
「メールの調子が悪くて送れないので電話でいいですか?」と仰る方も実は少なくない。その場合もメールか連絡掲示板でお願いします、とお伝えすることにしている。なぜなら、電話はご本人であるかどうかの確認(証明)ができないから。だからこそ”オレオレ”に便利なのですよ(^^;。

大市会の結果をネットで確認。土曜日には店がタイヘンなことになる・・・。さすがにヤバいかも。

夕食後、落札品のメール書きをしながら、昨日レンタルしてきた佐渡裕指揮・ベルリン・フィル演奏のショスタコーヴィチ「交響曲第5番」を聴く。歌ってる歌ってる。太鼓が強めだったり、中低音が重厚だったりしてワタシの好みの演奏だった。まーでも、専門家が聴いたらいじりすぎとか言われちゃうんだろうなぁ・・・。
よかったですよ、とても。
473歩 0.28km 5分 22.1kcal 0.6g

大市会

年に数回ある大市会の日。

荷造り作業を終えてから出かけることにした。そういえば電車に乗るのはひさしぶりだ。
車中では「宮崎駿の世界」の続きを読む。電車に乗る機会がなかったのでずいぶん間があいてしまった。押井守監督が語る宮崎駿さん。そうとう歯に衣着せず喋っている。基本的に押井監督は宮崎駿さんを反面教師のように見ている節がある。アイツとオレは違う、みたいに。
もちろん、お二人はいっとき押井監督が宮崎さんの仕事場に居候をしていた、というくらい距離が近い場所で仕事をされていた。だからこそ見えたこと、を中心に語っている。
「道場」「囲い込み」「教育といいながらイデオロギーを注入」「スターリニズム」とかそんな調子。アニメは実力の世界なので一番うまい人の発言力が大きい。そういう意味で、宮崎駿監督よりも技術が上なアニメーターが居ない、という現実があるらしい。文句を言えば弾かれてしまう、という状況。なんだか、そんなことまで言っていいのかな、と思いながら読み進めた。

大市会。古書会館全体に本が展開されている。今日は下見日だが、明日は入札された封筒が開札されて、すぐに本が捌かれるため、古書会館全体が動く。おちついて入札をするには今日だが、札の入り具合を見て入札する方は明日いらっしゃるんじゃなかろうか。ちなみに、今回は業者だけが入場できる大市会。
順番に入札をしていったら朝から来ていたオヤジに遭遇。帰りの切符(時差回数券)を渡しておいた。みなさんSuicaを使っている人が多いみたいだが、時差回数券を使うとなんと2割引で電車に乗れるんですよ。

昼飯を食べてからアキバまで散歩する。ついこの間まで工事中だと思っていたビルが完成していたり、ついこの間まで営業していたお店が閉まっていたりする。流れが早くなっているなぁ・・・。
YカメラでNEX−5Nのデモ機を触ってみた。買ったら一番使うであろう主要機能・パノラマ撮影の時、コンデジ・WX10では出ない連続シャッター音が出てしまう。「ぱしゃぱしゃぱしゃぱしゃ・・・」と大きい音が響き渡る(^^;。これはちょっとマイナス。うーん、どうしようかなぁ。これなら買わなくてもいいかもしれない。

店に戻って荷造り作業と本の整理を。実は本がまだまだ積み上がっていて、あんまり派手に買えない状況だったりして・・・(^^;。
14065歩 8.43km 117分 767.8kcal 23.9g

定休日

朝は曇っていたが、次第に晴れ間も。今朝は寒かったなぁ・・・。

息子は文化祭の代休。一緒に朝飯。今日はお友達も来るという。なんだか、余裕だねぇ。受験勉強は大丈夫なのかしら。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。引き続きドンドンドーンと積み上がった。

作業をしながら、録音しておいた文化系ラジオを聴く。「愛」がテーマ。愛といえばポジティブな意味を含んでいるように漠然と思っていたが、出演された皆さんはそうでもなかった。むしろ、愛深きゆえに破綻をきたす場面などをたくさん想定しているようだった。
愛がパワーだとすれば、それは使い方によってプラスにもマイナスにも働く。よかれと思ってやったことがうまく回らないなんてよくあること。そもそもなんとなくイメージとして「愛」と思っているものは「恋」なんじゃないの?という指摘もあった。たしかにそんな気がした。
それにしても・・・。いろんなことを知りすぎると考えなければならないことが倍々に増えて増えてどーしよーもなくなってしまうんじゃないかしら。物事は普通混沌としていて、理路整然となっているわけじゃないから、考えなければならない範囲を広く囲えば囲んだだけまとまらなくなるのは道理だ。囲みすぎればそれだけで思考はマイナスの電荷を帯び始めると思う。感情を理論で抑えることなんてできない。イヤなものはイヤなんだよね。それはもーどーしよーもない。今日は聴いていてそんなことを思った。
出囃子でかかった「哀戦士」を聴いてガンダムが見たくなった・・・(^^;。

昨日飲んだひやおろし。なんでも9月限定出荷という銘柄が多いらしいと聞き、こりゃもうちょっと確保しておこうかしら、と思い立った。あの美味しさはちょっとなかなかない。いや、モチロンもっと高いお酒ならもっとおいしいんだろうけど、”あの値段で”というのが決め手。
ポチッとしたら明日には届くらしい。

仕事を終えてからランニング。今日はちょっと余裕があったので長原まで。
10803歩 6.47km 84分 620.7kcal 20.8g

1日店

三連休明け。急に寒くなった。雨模様。

朝から鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。昼飯を挟んで続行。

仕事をしながら、昨日行ってきた御岳山の話。ハイキングが趣味の両親は当然御岳山にも行ったようだったが、かれこれ10年以上前になるんじゃないか?とのことだった。行く曜日がワタシと違うので、混雑の情況などはあまり参考にはならないのだけど、クルマは駅すぐ横の駐車場に停められたらしかった。
ワタシたちが見た七代の滝は見てないようだったが、大岳山には行ったというし、その時にロックガーデンにも立ち寄ったみたいだ。ただ、そうなると駐車場まで戻るのがタイヘンだったはずで、大岳山の先の奥多摩駅から電車で移動してきたのかな?なんて思ったけど、そのあたりはよく覚えていないみたい(^^;。

昼飯を食べながら、録画しておいたマイルス・デイビスのTVを見る。菊地成孔さんによる解説。4年くらい前に放送されたものの再放送。ジャズがどんな音楽なのかわからないワタシにとっては、坂本龍一さんのスコラに続いていい勉強になった(気がする)。スイング・ジャズからビバップと、踊れる音楽を”都会の夜に似合う音楽”へと変えたのがだれあろうマイルス・デイビスだという。トランペットにミュートをつけて、むせぶように鳴らす枯れた音。とても印象の強い音楽だったが、それは50年代のマイルスでしかなかった。その後、モード・ジャズというアドリブ演奏に移行し、電子楽器と合わせたフュージョンを作り出し、最晩年にはラップと合わせるという変遷をたどる。番組の後半では日本公演の様子が映ったが、およそ”ジャズのコンサート”という編成とは思えない音が鳴っていた。
ミュートしたトランペットの音は電子楽器的な音に近く、すぐ後ろで絶え間なく刻んでいる太鼓の激しいリズムの上でマイルスはいつものうつむき加減でパララパララパッパーと演奏する。これはジャズなのか・・・。前知識の不足しているワタシにはちょっと理解不能って気がした。

雨は降り止まないまま。発送荷物は更に追加されて、ドンドンドーンと積み上がった。

夕食の時、昨日買ってきた澤乃井のひやおろしを開封。女房と二人で早速少しだけ飲んでみた。これがビックリするくらいおいしい。うーん。もっと買っておけば良かったかなぁ・・・。
769ページ 0.46km 8分 36.8kcal 0.6g

御岳山

ちょっとだけ早起き。

朝8時半に出発して御岳山を目指す。名前はよく聞くのに行ったことなかった(はず)。ナビはケーブルカー滝本駅を設定。調布から中央道。石川PAで休憩して八王子で降りる。滝山街道をひた走り、サマーランド前を通過。ありゃ?これなら圏央道で来れたはずだけど(^^;。
ナビの案内する通りに進んでいたら「通行止め」の看板があちこちに。先日の台風で土砂災害が発生しているらしい。なるほどそうか。そういうこともあるんだろう。幸い、あまり道が混んでなかったために大きな影響はなかったが、それでも30分くらいはロスしたんじゃなかろうか。
滝本駅へは11時半過ぎに到着。やっぱりずいぶんと時間がかかってしまった。駐車場はケーブルカー駅の600m手前にある1日900円のところ。すぐ横を川が流れる。その様子だけでも山の雰囲気を感じさせる。
11時45分のケーブルカーに乗って御岳山駅。なかなかいい眺め。リフトなんてのもあるが、女性陣は乗りたくない、とのこと。腹が減りそうな気がしたので、売店でお団子を買ってつなぎのつもりで食べておいた。炭火で炙ってあってなかなか香ばしい。これはおすすめ。
そのまま武蔵御嶽神社を目指して歩く。途中に宿坊が立ち並び、細い道とアップダウン。茶店があったと思ったら参道に商店街。その先に山門が見えてきた。いよいよココからが神域。標高929mの山頂にあるシンボル的存在。

お参りをしてから「絶対見たい!」と娘がいう七代の滝を見に行く。ケーブルカーの駅でもらったイラストマップを見ると神社のすぐそばにあるように見えた。が、そんなに甘くなかった(^^;。長尾平の茶店がある場所から「まだ降りるの?」と言いたくなるくらい急な斜面をどんどん降りていく。たまに登って来る人とすれ違う。汗だくだった。・・・これ、帰りは登るんだよね・・・(^^;。

あたりは杉林。降りていくうちに水の流れるザーザーという音が聞こえてきた。あれか。あれが滝の音か。娘はこういう山道が大好きらしく、ぴょんぴょんと身軽に先へ先へ進んでいく。楽しそうだ。女房は対照的に一歩一歩すべらないように慎重に歩を進めていく。ちょっとつらそうだ。ワタシはその後ろでシンガリを務めた。
谷まで降りきった。その先の大岩がそびえる場所の間をザーっというひときわ大きな音とともに滝が見えてきた。あー、ついに到着した。ちょっとほっとした。
ワタシたちの後ろに団体さんが歩いていたようで、いっとき滝の周辺は大混雑状態に。
娘と二人で滝壺のそばへ行くと、ひっきりなしに落ちてくる大水量の滝からは絶え間なく冷えた空気が沸き上がってきて、汗だくだった体を一気に冷やしてくれた。
「今日はこれを見られて良かった!」と娘。確かに来た甲斐はあったと思うよ。

さっき降りてきた道とは違うルートが用意されていた。岩の横を一気に鉄階段で登ってしまうというもの。しかも手すり付き(!)。これは楽チン。しかも安全だった気がする。あとで地図を見るとたしかに少し大回りのようだったが、距離が伸びた分だけ負担が分散できていた。ちょうどルートを一方通行的にできていたのも幸いだった。相変わらず娘の歩くペースは落ちない。将来山ガールになれるんじゃないかなぁ。

ようやく再び長尾のお茶屋さん前。少し休憩してから御嶽神社参道にある蕎麦屋さんで昼飯。手打ちそばをすすった。鴨せいろとくるみそば。娘はそばが嫌いなのでカレーライス。お店の大女将さんからお孫さんの自慢話を聴く。

再びケーブルカー。15:45発で下山して帰路。売店で「澤乃井」のひやおろしを買った。帰りはナビ頼みで走ったら、渋滞を避けようと思ったのか、中央道を案内せずに八王子バイパスから16号・東名高速横浜町田回りのルートへ誘導される。これがよかったのか悪かったのか。答えは「その時間の中央道を走っていないからわからない」としか言いようがなかった(^^;。
11976歩 7.18km 128分 543.6kcal 14.3g

1日店

快晴。結局連休は天気が良かったみたいだ。

息子は学校へ。実は連休と見せかけて普段通りの土曜日。週休二日制じゃない高校生もいるのさ。
娘は週休二日制(^^;。ほっておくとゲームをしてしまう普通の中学生。

朝飯を食べながらヨシヒコの最終回。もしかして打ち切りなのか?と思わせるような中途半端なラスト。結局魔王ってなんだったのかは語られなかった。そのため、この世界とあの世界がなんなのかもわからず、仏はどうしてヨシヒコを導いて魔王を倒させたのかもわからなかった。まあ、そういうナンセンスドラマってことなのかな。RPGもおそらくそーゆーゲームなんだろー。
スタート直後がおもしろすぎて期待しすぎたってこと。

荷造り作業はほとんどなく、本の整理を開始。このままサクサク仕事を進めていったらタイヘンなことになっちゃう!なんて思うと、急激にペースが落ちる(^^;。午後はラジオを消してクラシックを聴き始める。たまにやるとペースが回復する。

オヤジは朝から大市会へ出品しに行って帰ってきた。新しいクルマに乗るのが楽しいらしい。特に今回はカーナビの操作方法をディーラーさんから詳しく教えてもらったので、古書会館の往復にまで目的地を設定しているみたいだ(^^;。まあ、その気持ちもわかりますよ。10年前のワタシがそーだった。

17時からしょこたんと山田五郎さんのラジオ。再びクラシック。夕食を食べながら科学くんの最終回を途中まで。

よし、今夜は気合を入れて仕事だ!
1508歩 0.90km 15分 73.9kcal 1.5g

おはぎ

お彼岸。

息子は学校へ。女房と娘は朝からおはぎ作りに出かけた。ワタシは一人でお茶漬けを食べて朝飯。

オヤジも9時半には来て仕事を始めていた。おはぎを作っている横には居づらいみたいだ。まーそりゃそーだろー。

荷造り作業はほとんどなく、すぐに本の整理開始。ラジオは祝日の特別番組だったが、このCM一社提供ってのがどうにも・・・(^^;。BGMがわりに聴いていると同じCMばかりが流れるので、どんなにヒネったつもりでも何度も聞かされたら嫌にしかならない。逆CM効果があるよね。特に今日のは男子デオドラント系の会社だったから、臭いだの脂ギトギトだの・・・(^^;。まあ、これ以上はやめときますが。

昼飯はおはぎ。おいしくて6個も食べてしまった。半年に一度作り続けているから、作り方もだいぶ慣れたようで、どんどん仕上がり時間が早くなっているみたいだ。
今回もよくできてた。一緒に食べるぬか漬けも楽しみ。大根がおいしい。

午後も仕事の続き。はかどらなかった。

夕食を食べながらロボコンの世界大会を見る。案外娘がこういう番組が大好きらしい。日本チームは惜しくも準決勝で勝負には敗れたが、ロボットとしての品質は最高と評価されていた。これってどっちが実質的には”勝ち”なのかしら?

夕食後はランニング。節電が解除されて中原街道の街灯はすべて点灯していた。ひさしぶりに明るい街を走った。この方がいいに決まってるが、この半年は点けるか消すかの判断も混乱していたんだろう。消費ピーク時間から外れた夜中に街灯を消すことは節電的にはまったく意味はなかった。まあ仕方ない事だったとは思うけど。
10929歩 6.55km 85分 622.5kcal 19.5g

1日店

快晴の空。

朝飯を食べながら、マヤ暦のTVを見る。太陽が春分・秋分、夏至、冬至に昇る位置を特定したり、金星の位置を正確に観測する天文台を作っていたり、と、マヤの暦(つまり天文学)は当時ずば抜けて世界一だったようだ。変化を最も捉えやすい「月の満ち欠け」に全く言及していない所がすごいと思った。マヤの人たちは太陽と金星と地球の位置関係を「太陽が8回、金星が5回」と書き残している。つまり、太陽の周りを8回めぐる間に金星への最接近が5回ある、ということ。スケール感がデカい。

荷造り作業は午前中で一区切り。いつもお買い上げありがとうございます。
なんと、明日からまた三連休じゃないか。日本人休み過ぎ。

昼飯を食べながら、もうすぐベテルギウスが爆発しそう、TVを見る。ベテルギウスって例のオリオン座の左肩にある赤く光る星。肉眼でもハッキリと見える。あの星が実は星としての寿命を迎えつつあり、近く超新星爆発を起こすらしい(!)。老星であることは小学生の頃から知っていたが、もう爆発なの?早くない?
老星の証拠が幾つか挙げられていたが、まず最初に赤い事。そして巨大な事。表面は太陽と違って大きく対流しており、瘤のような出っ張った箇所まであるという。そして、周囲にはベテルギウスから放出されたガスやチリが漂っていて、それだけでほぼ太陽系と同じくらいの大きさなのだとか(!)。
番組では出てくる天文学者が皆さん「天体ショー」としてベテルギウスの爆発を心待ちしているようだった。
でも、ベテルギウスまでの距離は640光年あるという。天文学的には「至近距離」らしいのだけど、もし今大爆発を起こしていたとして、その光が地球に届くのは単純に640年後になるんじゃないの? すでに爆発していてもその情報はすぐには届かない。その640年という”長い”時間と、天文学者が”もうすぐ”爆発する、というその時間の感覚に齟齬はないのかしら。ワタシにはわからなかった。

快晴だったのは午前中だけ。午後には曇り、夜までに雨となった。
689歩 0.41km 7分 32.1kcal 0.6g

台風

1ヶ月ぶりの歯医者。

よりによって台風の日に・・・。なんて思ったが、出かける時には降っておらず、ありゃ拍子抜け(^^;。
歯を掃除してもらい、出ると雨だった。傘を持ってきて良かった。店に戻って仕事開始。

さすがに台風なので荷造り件数は少なめ。20件に届かず。昼飯を食べて本の整理開始。
ずっとネットで台風に関する情報を拾う。お昼過ぎには浜松に達したとか。強い勢力を保ったまま北東に進む。なんだ、このコースって日本を斜めに縦断するつもりかいな(^^;。
夕方になり関東地方に接近。雨風ともに強くなる。子供たちは相次いで学校から帰ってきた。息子は予備校の予定だったが、交通機関が心配だったので行かなくていいよ、と伝える。
ラジオを聴く。17時を過ぎたころから鉄道が次々に運転を見合わせ始めた。首都高をはじめ、幹線道路も大渋滞。強風でいろいろなものが飛んだり飛ばされたりして事故が起きているらしい。やはりこういう日は出かけないのが正解だろう。息子ももし出かけてたら今頃は帰ってこれなくなっていた。

夕食の時、ついついTVでニュースを見る。各地の混乱する様子が写っていた。特に交通機関はラッシュ時に台風接近がぶつかったため、電車に乗れなかった人が駅周辺に溢れかえっていた。311と同じ混乱が繰り返された。

仕事を終えた頃にはすっかり風も収まったのでランニングに出た。丸子橋は下り線が大渋滞していた。それは今夜走った大岡山の先までずっと続いていた。
街路樹が倒れていたり(すでに切り刻んであった(!))、路傍の植木鉢、自転車が転がっていたり、壊れた傘がいたるところにほっぽってあった・・・。
多摩川の流れは氾濫までにはかなり余裕があった。グランドはまったく水に浸かっていなかった。まさかこれから今以上に増えるってことはないはず。
東横線は復旧して走っていた。
9422歩 5.65km 73分 541.5kcal 16.2g

定休日

台風接近中。

三連休明けのため、朝から鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。

バッチリと作業して昼飯。ガウディのTVを見た。ほとんどサグラダ・ファミリアの話だったが、すでに着工から100年以上経過していることに驚いた。まだ未完成。肝心の塔が中央に2本立ち上がるのだそうだ。設計者であるガウディは1926年に亡くなっているから、あとはガウディの思想に影響を受けた人たちが一生懸命作業していた。別にわざとゆっくりやっているわけではなかった。丁寧なだけだった。
基本的にすべて石造り。職人さんがノミを持ってカツカツと石を削っていた。細部まで彫り込まれた動物や人間の彫刻が建物の一部を飾っている。これらもすべて手作業で造られているが、最初期に完成した部分には壊れ始めた箇所もあるようで、新築作業と補修作業が並行して行われているらしい。そんな建物は世界中探しても他にはないだろうなぁ・・・。
正面と後ろ側のファサードに建つ4本の柱は、完成すると鍵盤に連動して鳴る鐘が据え付けられ、教会の建物全体が大きな楽器(オルガンとチャイム)になるのだとか。そりゃすごい。そんな発想がすごい。パイプオルガンの音が街中に響き渡るなんて、おそらく日本では作れないだろう(環境的なこともあって)。

午後も荷造り作業の続き。15時少し前にようやく追いついた。

それからメルマガを出したり、本の整理をしたり。そのうち外は雨が降りだした。息子は予備校へ向かい、娘は学校から帰ってくる。少し早めの夕食を食べて仕事の続きを。

明日は台風が関東地方に最接近する。そんな日にピタリと歯医者の予約を入れているんだから、一ヶ月前のワタシには予知能力でもあったんじゃないか(^^;?
615歩 0.36km 6分 28.3kcal 0.0g

1日店

祝日。

基本的に三連休は遠慮したい・・・(^^;。遠慮した所で容赦ないが。まして今週は平日が3日しかないという。困りますなぁ。
ラジオでは渋滞情報。各地名所から伸びる渋滞距離に驚く。やはり、こういう週はクルマで出かけられないよね。

ウチの子供たちも学校が休み。でも、「出かけようよー」とか言わない人たちなのでそのへんは助かっているのかも。いや、諦めてるのかな(^^;?まあ、そーいうことを親にばかり期待する歳でもなかろー。

荷造り作業は少なめなので、午前中から本の整理を開始。仕事をやれ、というお達しなんだろうね、きっと。お休みの間に仕事。まあ、第三次産業(?)ってこういうものです。

先日Aで買った「宮崎駿の世界」というムック本を読んでいて、押井守監督の喋っている話に引きつけられた。話は二つ。宮崎監督作品から整合性が消えた、ということ。もう一つは絵が動いて観客の興味を繋げていく、ということ。整合性については、観客が観て気持ちよければいい、という価値観が優先されていて、伏線や細かい設定との整合性はあまり重要視されていない、という指摘。もう一つはアニメーションの本質に関わるが、音声を聞いているだけでは宮崎作品の魅力がほとんど伝わらないということ。見ている動画のアクションにこそ最大の魅力があり、動画を見ているだけでセリフが、声優の声が、見ている者のアタマに浮かんでくるような錯覚を起こす。

それを言われて気がついたのは、エヴァンゲリオンの新劇場版。竹熊健太郎さんも公開時のラジオ対談で感想を語っていたが、「序」を壮大な予告編のようだ、と形容していた。その”ダイジェスト感”は確かに見ていてワタシも感じた。実は「破」もあらためてDVDで観るとどこか早回ししているような気がしてしまう。それは、たぶん、あらかじめTVシリーズで見ていた「ストーリー」がアタマにすでにあり、知らず知らずのうちにその「原作」と照らし合わせながら観てしまっているからだと思う。つまり、「破」を見ながらも、ストーリーはTVシリーズを基に追っている(置き換えている)。逆に言えば、新劇場版には新設定があってストーリーがない、ということだ。極論っぽいけどね(^^;。

劇場で観た感想と、家のDVDで見る感想は違うものになった。初見ということも大きいが、映画館で観たほうがおもしろかったと思っている。・・・うーん、言葉にしてみると”そんなのアタリマエ”的な話にしか聞こえないかしら・・・。
今の映画はあらすじを書きにくい。それは観ている場面を言語化しづらいというよりは、キャラクター設定やアクションでおもしろがらせる作品が増えたためだろう。単純にストーリーが作品に占める割合が減らされていると感じる。いつ頃から映画ってこうなってきたのかしら。どなたかご存知ありませんか?
1539歩 0.92km 15分 74.7kcal 1.8g

散歩

快晴の空。

今日発送できる分の荷造り作業を終えてから出かけた。今日はワタシ一人。女房と娘は川崎へお買い物に出た。

渋谷で降りて歩道橋。ヒカリエは外形がほぼ完成していた。となると、もうすぐ東横線の渋谷駅は地下化される。東急東横店の建物も取り壊される。今までの普段あった風景はまもなくだいぶ変わりそうだ。
さっきからハッピ姿の人がたくさん居る、と思ったらお祭りらしい。明治通りをお神輿の渡御の行列が来る。246との交差点を堂々の左折。なかなか。
金王八幡宮へ行ってみると、今日はここのお祭りだったことを知る。屋台がたくさん出ていて賑わっていた。
静かな氷川神社の参道を抜けると國學院大學。突き当たりが日赤医療センターだった。もう広尾に入っていた。商店街のお祭りをしていたのを通り抜けて六本木通り。西麻布から六本木。ラーメン屋さんで昼飯を食べる。そのあと、麻布十番方面へ歩き、鳥居坂を降りて麻布十番商店街。温泉の建物は取り壊されて駐車場になっていた。
暗闇坂を登って一本松坂。西町インターナショナルスクールの向こう側に行くと山の向こうに六本木ヒルズが屹立していた。
住宅街の坂を上がっていくと愛育病院前の交差点。小泉坂を下っていくと外苑西通り。広尾だった。深い緑の道に誘われてS字坂を登って行ったら、なんと日赤医療センターの裏側だった(!)。再び國學院大學前から氷川神社。そのまま代官山へ抜ける。山手線の跨線橋で佇んでいたら電気機関車が通り過ぎていった。
代官山も「テナント募集」の看板が目立つようになったなぁ・・・。
そのまま東横線に乗って帰ってきた。
15317歩 9.18km 143分 748.5kcal 20.7g

1日店

曇空だが、晴れ間も。

朝飯を食べながらヨシヒコを見る。そろそろ最終回も近い。魔王の城は東京だったという設定。なるほどね。これで並行世界として描かれていたゲーム世界と現実がリンクした。ゲーム世界から見た現実と、現実から見たゲーム世界の対決。これ、勝負になるのかな?

荷造り作業は殆ど無く、本の整理を開始。昨日ドカンと積み増された在庫。早く整理を進めたい。昨夜は少し早めに寝たので、仕事は案外はかどった。

昼飯を食べながらタモリ倶楽部。クラシックネタは面白いんだが、ちょっと地味に見えるネ(^^;。タモクラで一番盛り上がるのはやはり鉄道ネタだろうね。かつてあった今や伝説のトマソン的東京散歩ネタはブラタモリを待つ方が早いか・・・(^^;。

午後も本の整理を続行。眠くなることもなく、仕事ははかどった。

先日、借りてきたDVDで「13人の刺客」を見た。時代劇だが活劇だった。導入部はおどろおどろしい雰囲気で映画感たっぷりだったが、途中からハリウッド色が強くなっていく。13人の剣豪が集まって暴君を暗殺する話なのだけど、”大名行列”を宿場に引き寄せて殺りまくるという流れ。なんていうか、そのやりっ放し感(^^;。徳川300年は日本人にそういうことをするメンタリティがなかったから続いたんじゃないのかなぁ・・・。なんて思ったり。
ロケ地がヨシヒコも撮影された庄内映画村オープンセットで、山田孝之さんも主要出演者だから見ていて世界観がダブったりする。
それにしても、あれだけの大立回りを演じるには集められた剣豪たちの戦う動機が足りない、と思う。たとえ暴君を倒したという”功”があったとして、その功は時代を啓いたのだろうか・・・。やはり何かが足りない気がした。三池崇史監督作品。ヤッターマンに忍たま乱太郎か。なんでもやる方なんだなぁ・・・。
877歩 0.52km 9分 40.4kcal 0.9g

買取有り

朝は少し早めに起きて出かける準備。

今日は午前中に買取りの予定有り。このクルマで行く初の出張。今までは遊びばっかりだったからなぁ・・・(^^;。

10時に出る。途中、橋を渡ったところで「台車」を忘れたことに気が付き、あわてて引き返す。再び乗せて出発。ナビに行き先を登録してみると、渋滞を避けたルートを案内してくれた。こりゃすごいな。到着予定時刻もおおよそ当たり。なんていうか、上空から様子を見ている人が案内してくれているような錯覚がある。

評価の上買い取らせていただいた。ありがとうございました。

帰りもわざと自宅を目的地に設定してみる。行きとは若干違うルートを案内される。ナビがあると普段全く使わない道も走れるからいい。
空にはまだ夏雲が浮いている。これから台風が接近してくる予報。

店に本を下ろしたら満杯に。今週は交換会へ行かなかったが、来週もこれじゃあ行けそうもない。大市までにどんどん整理を進めないと。

その後は荷造り作業。終えてから早速本の整理。オヤジは昨日からずっと手紙を書き続けている。なんつーか、温度差を感じるね。

夕食を食べてしばらく仕事。終えてから走りに出る。長原まで到達した所で大雨に遭遇(^^;。10分くらい雨宿り。小止みになったので走って帰る。間に合わず、丸子橋を渡ったところで大雨。ずぶ濡れで帰宅する。
13234歩 7.93km 114分 706.4kcal 22.5g

今日も1日店

よく晴れている。相変わらず秋には遠い雰囲気。

朝飯を食べながら天体衝突についてのTVを見る。昨日見た太陽TVの続き。小惑星が地球に衝突すると大爆発を起こし、大きさによっては大都市が壊滅する規模になったり、恐竜が絶滅するほどのインパクトになる。2004年の12月にニュースとして発表された小惑星衝突予測年は2029年。発見された小惑星の軌道計算をしていたら衝突確率が1/37まで上昇したという。後にその小惑星はギリギリのタイミングで人工衛星と同じくらいの距離を保ったまますれ違いそうだ、ということになった。もちろん衝突したらタダじゃすまないから、これからも継続して観察が続けられるはず。
大きな影響を及ぼすほどの大きさになると数はそれほど多くないようだが、結構高い確率で天体の衝突は繰り返されているらしい。たとえば流れ星は彗星が通過した跡にまき散らした塵が大気圏内で燃え尽きて起こる。問題は大きさ。燃え尽きれば問題ないが、燃え尽きないほど大きかった場合には大爆発だ(^^;。

1908年にロシア・ツングースカで起きた謎の大爆発はどうやら大きな隕石が燃え尽きずに落下したために発生したらしく、スーパーコンピューターを使ってのシュミレーション画像が流れた。それによれば、地上8000m上空で大爆発したあと、隕石はその高熱によって全てが蒸発し、その8km先に流れていた川を鋭角的に凹ませた。その場所はいま湖になっているらしい。何度も現地調査が行われたが隕石の破片は蒸発してしまったために発見されず、そのために爆発の原因として彗星説、ガス噴出説、マイクロブラックホール説、宇宙船説(?)、などが唱えられたらしい(ウィキより)。

昨日見た太陽異変の話も隕石衝突の話も、最終的には地球の気候を変えるって話につながっていく。氷河期とか起こるのはこういう宇宙規模の”事件”が起こった結果なんだろうね。

荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。

午後は本の整理を。結構はかどってしまった。

息子がケータイを買い換えるようだ。スマホか? 「いや、普通のケータイだよ」。
724歩 0.43km 7分 34.2kcal 0.6g

1日店

朝飯を食べながら、怒り新党を見た。最近お気に入り。今回はちょっとダらっとしてたけど(^^;。

鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。

昨日のお休みで三頭山に登ってきたオヤジと母親から昨日のクルマの乗り心地やナビの使い方の感想などを聞く。半分聞き流し。ハイブリッド車は登り坂の加速がスムーズでよかったらしい。

昼飯を食べながら録画しておいた太陽のTVを見る。

湖の上に設置された最新の太陽望遠鏡から覗いた太陽表面の映像。マグマが煮えたぎった様子にそっくりだった。地上からこんな映像が撮れる時代なのね、今や。
太陽は巨大な磁石、というのがこの番組のキモ。その磁力は太陽系をすっぽりと覆っているらしい。磁力がバリアとなって、宇宙空間を漂う無数の宇宙線を跳ね返している。ところが、太陽には活動の周期があり、11年毎に勢力が強まったり弱まったりする。強まれば宇宙線をはね返せるが、弱まった時には宇宙線が容易に太陽系内に入り込むことになる。地球上にも当然降り注ぐ量が増えるという。
大気中を宇宙線が通過する際、塵にぶつかって磁力を帯び、大きな粒に成長すると、水蒸気を集めるようになる。それが雲となって発達する。つまり、太陽の勢力が弱まると、雲が多く出るようになり、その結果太陽光線が地上へ届きにくくなるために寒冷期が来る、という。ガリレオが太陽黒点を発見してから観測は継続され、そのデータと突き合わせると太陽の活動と地球の気温には因果関係があるらしい。ふーん・・・。風が吹けば桶屋が、の太陽系版ってことだね。
なんでも、ここに来て突然太陽周期が11年から13年に伸びているらしく、地球に寒冷期が来るという予想があるみたい。でも、温暖化が叫ばれている昨今、2度くらい下がるならそれはちょうどいいって話にはならないの?

今日も暑いねぇ。いつになったら涼しくなるのかしら。

夕食を食べながら高校生クイズ。娘がはしゃぎながら見ていた。こういう学校で習っているような習っていないような問題を聞くのが楽しいらしい。

オークション落札品のメールを書いていたら、なぜかヤモリが机の上に・・・?なんで?

仕事を終えてからランニング。夜はちっとは気温が下がるけど、涼しいってかんじではなかったな・・・。
9631歩 5.77km 77分 542.7kcal 17.2g

定休日

朝飯を食べ終わったところでガス器具の点検。

2週間くらい前に予告があった。元栓と湯沸かし器を2台。それと台所のガス台を点検してもらい、すべてOKとのことだった。3年に1回点検してくれるらしい。ありがたい。そういえば、ガス台は取り替えてからずいぶん経つ気がする。
携行しているPCは”壊れない”バージョンの外装。たしか光回線を開通した時にもこんな感じのPCだったような。おそらく業務用の特殊仕様のはず。タッチパネル操作だったし。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。午前中で一区切り。

メールマガジンを編集。日記からぺたぺた。オークション出品中のデータをぺたぺた。

録音しておいた福山さんのラジオを聴く。相変わらずお忙しそう。忙しい人にはさらに仕事が集まっていくかんじ。走るしかないんだよね。そう。それしかない。休んだら死ぬんだ。そうに決まった。

ニコニコで竹熊健太郎さんと東浩紀さんの対談が入っていたから聴きながら仕事続行。80分にも及ぶ長編だったが、聴いていてぜんぜんそんな気がしない。1997年に放送された対談らしく、エヴァについて、もののけ姫についてお二人がアツく語っていた。コメントには”竹熊さんの独演会”とヤジを飛ばすような者も居たが、たしかにそれくらい(咳き込むくらい)竹熊さんは言葉が次から次へと溢れて来る様子だった。
思えば、時代を区切ってしまうような画期的アニメが出たのは95年から97年のあの頃が最期だったかもなぁ・・・。あ。これは”売れた”かどうかは別の話なので。
この対談のキモは一点。作家が”オリジナルの体験”をしているのかどうかということ。竹熊さんによれば、宮崎駿さんもガンダムの富野由悠季さんも戦争の時期を生きていて、この経験が決定的にデカい、という。つまり、作品として描くに足る実体験を持っている、ということだ。竹熊さんは”オタク第一世代”を自認されていて、それは”実体験を持った世代が作った作品を見て育った”という意味を持つ。自身の中に描きたい直接の主題を持たず、パロディを描くことに作家性を求めた。これは竹熊さんと同世代の庵野監督も同様だという。ただし、竹熊さんは宮台真司さんとの別の番組で、「たとえパロディでも作者が命を賭けて作ればそれは本物の迫力を持つ」と語っていた。十分頷ける評価だと思う。

ニコニコ動画っていうから、動画しかアーカイブしてないと思っていたけど、ラジオ番組とかも結構入っているみたいで、幅が広いなぁ・・・。
1012歩 0.60km 10分 47.6kcal 1.2g

1日店

朝起きたら暑かった。夏がぶり返している。

朝飯を食べながら壁紙TV。この分野ではウィリアム・モリスが巨匠なのね。壁主体の英国住宅に壁紙を貼ることで空間を演出する、のだとか。なるほどね。日本はもともと障子と襖。取っ払ってそのまま自然を住空間に取り入れてしまう思想。縁側とか。もともと日本の文化には壁紙は必要なかったんだろうね。

鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。昼過ぎに追いついた。ありゃ。もうちょっと伸びてほしいんだけどな。

昼飯を食べながらぴったんこカン・カン。大泉洋さんって面白いなぁ。小雪さんを見るとロケショーを思い出してしまうというのも妙(^^;。そういえばこの間は特番でお休みだったんだよな。残念。

午後はずっと眠い目をこすりながら、あくびを噛み殺しながら本の整理(^^;。やはり連日の寝不足が響いている。今日は早く寝ないといかんね。

夕食時は子供たち二人とも塾へ行っており、女房と二人で夕食。今日は朝、昼、晩と三食とも二人だけで食べた。だんだんこういう日がまた増えていくのかもね。

オークション落札品のメール書きを終えてランニングに出る。今日は中秋の名月。夏の大三角形がまぶしそうに西の空へと傾いていた。
7712歩 4.62km 68分 397.1kcal 13.3g

江ノ島

朝は早起きしてドライブに出かけることにした。息子は留守番。疲れているから休みたいそうだ。

行き先はご近所だが、江ノ島。それで早起きしたら早く到着してしまった。9時には駐車場に停めた。うまい具合に雲が散らばっている。風もあるからちょうどいい天気かも。江ノ島水族館を素通りして弁天橋を渡って江ノ島入り。前回来たのはたしか去年の5月。大混雑だったことを思い出す。仲見世は人もまばら。朝が早かったので小腹が減った。そうだ、と思いたち、たこせんべいを食べることにした。旅番組でおなじみのキューッとまるごとプレスしながら焼くアレ。まだ朝早くて通りはガラガラだったが、たこせんべいのお店だけ人だかりがあった。3人で2枚。なかなかおいしかった。

生活道路を歩いて羊羹屋さんの前に出る。ここは日陰が続き、風が吹けばかなり涼しい。登り道だから大汗をかいたけど。
今日は岩屋に入ってみよう、ということになった。隆起する前の海面位置に伸びた洞窟。中に入ると薄暗い明りに濡れた岩肌が照らされている。かなり涼しい。と思ったら、絶えず上から水がボトボトと流れていた。もちろん、透明な分厚いシートで通路を歩いている分には濡れなかったけれど。

フナムシの歩く歩道を戻り、釣り人を眺めていたら鯖(のような魚)を釣り上げた人を見た(!)。初めてじゃないかしら。よかったねぇ。

お腹が減って力が出ない様子だったので、少し早めの昼飯を食べることにした。登り坂の途中にあるお店でシラス丼を食べた。まだガラガラの店内の窓際に座って通り抜ける南風に吹かれた。結構涼しい。ワタシは生シラスが半分乗った丼を食べる。ビールは・・・やめとこう(^^;モチロン。

娘のたっての希望で展望塔に昇る。ここもずいぶん久しぶり。太陽が南中する時間。いつの間にか上空の雲はほとんど散って箱根の上にしかいない。風は吹き抜けるが日向はかなり暑い。屋上部分から双眼鏡で見たランドマークタワーの少し左にぼーっと浮かんで見えたのは小杉の高層ビル群だろうか・・・。

「ちょっと行ってみようか」って話になり、マイアミ広場にある「LON CAFE」へ。ずいぶん前から存在は知っていたが、いつも混んでいて入ったことがなかった。よし、今日は行ってみよう。ここはフレンチトーストの専門店。ソファの席に通された。おおー。座り心地がいいなぁ。注文したのは、アップルパイの中身がのったフレンチトースト、以下2名分略。これがまたおいしかった。見るからに甘そうだったのに食べてみると爽やかな味で、サラっとした印象。ぜんぜん重たくない。軽い軽い。もう一皿行けそうだったが、自重。セットで飲んだハーブティーもよく合っていた。

江ノ島を出てドライブの続き。海沿いをひたすら西へ。ガラガラにすいていた。調子に乗って西湘バイパスを小田原まで。この道がホントに気持ちいい道で、そのまま真鶴まで行ってしまいそうだった(^^;。自重。小田原から厚木道路に乗ってひっかえす。途中大磯のSAで休憩し、おみやげにシラスチップとあげかまを買った。
厚木と大和で事故渋滞(^^;。思ったよりも時間がかかってしまった。帰宅は17時過ぎ。それから娘につきあって半額セール中のビデオ屋さんへ。娘は厳選してアニメのDVDを1枚選んでいた。

夕食の時に早速買ってきたばかりのあげかまも出してもらう。わさび漬けがよく合うなぁ・・・。

今日で乗るのが3度目のFITシャトル。乗り心地がよく、今日初めて乗った女房と娘も特に違和感を感じないらしい。ワタシが前のクルマと同じように運転できているからだろうか。
とりあえずナビの多機能さに興味しんしん丸みたいだった。
14052歩 8.42km 143分 641.1kcal 17.3g

本の山

交換会で買った荷物を運送屋さんが運んできてくれた。いつもお世話様です。

今回は量が多くて置き場所に苦労した(^^;。荷造り作業はそれほどなかったので、早速本の整理を開始。幸いだったのは、あまり眠くなることなく作業が順調に進んだこと。よかった。

仕事は夕食まで続けたが、嵩はあまり迫力のあるものにならず(^^;。まあ、仕方ない。

夕食は女房自家製のエビフライ。カラっと揚がって美味しかった。「パン粉を付けるのが思ったよりもめんどくさくてさー、疲れちゃったよ」その甲斐あったと思うよ。
一緒に作ってくれたサンマのフライも好評。魚自体に脂がのっている分だけサッパリ感がなかったが、なるほど、竜田揚げとの違いはここか、と。

夕食後にはケーキを。もう誕生日なんて皆でケーキを囲むための理由付けでしかないけど、それはそれで(^^;。普段食べるわけじゃないからこういう時くらいいいんじゃないかしら。子供たちは二人ともチーズケーキしか食べない。女房は好物のミルフィーユ。ワタシは新作がなければ定番のモンブランを。ここのモンブランは白くなかったけど。

夕食後はオークション落札品のメール書き。今日も大量。いつもお買い上げありがとうございます。
1080歩 0.64km 11分 49.2kcal 0.7g

2日続けてランニング

朝飯を食べながら爆問。

全国のお祭りの巻。冒頭に出てきた真っ黒でお面を掛けて泥を塗られたら無病息災ってお祭りがまずすごいと思った。その次の椰子の面を被って子どもをさらおうとする神様も怖い。基本的にお面をかぶられると人間って思えなくなるから不思議。表情がわからないとイキナリ何をされるかわからない存在に変身してしまうことに驚く。見た目で判断するんだよね、とりあえず。
お面を被ることで異形化する。人間とは違う存在になる。そういう神様が年に一度やってきて、荒ぶって、触られると無病息災・・・。ワタシは子どものころ遊園地の怪獣着ぐるみ程度で全く受け付けなかったくらいの怖がりだった。そんなだから、お面をつけた真っ黒い人に囲まれたら失神するほど泣いたんじゃなかろーか、と思って見ていた(^^;。
神様がやってきて暴れて帰る、というのは、やっぱり自然災害がモチーフなんだろうか。それともマレビトか。

荷造り作業を終えてから今日も交換会へ向かう。車中では今日から「宮崎駿の世界」というムック本を読み始める。出版されたのはハウルが公開された頃のようで、やたらハウルについての記事がある。でも、先に読んだ宮崎さん自身による本2冊ではカバーできてなかった領域について触れているから面白い。
プロデューサーの鈴木敏夫さんが宮崎さんの演出する作品の制作裏話をしゃべってくれている。ある時期から宮崎作品のストーリーに起承転結がなくなった原因もここに書いてあった。映画制作の方法が強く関係していたということのようだ。つまり「イメージボード」と「絵コンテ」を元に作品をひねり出すようになってからということ。
合点がいく。特に「ポニョ」が例としてわかりやすい。あの話は海が沸き波の上を走りながらポニョが宗助に会いに行ったところで実質的に終わっている。

入札をして昼飯。M大となりのうどん屋さん。かけの小が1杯105円という破格値なので、M大の学食のようになっている。カウンターの正面に座った人がかけ小に揚げ玉を山のように盛って、だしに浸してから揚げ玉をスプーンで掬って食べていた。

店に戻って荷造り作業の続き。いつもお買い上げありがとうございます。

夕食を食べながら「空から日本を見てみよう」。次回が最終回とか。しばらくしてからランニングへ出る。そういえば疲れなくなった気がする。
14404歩 8.64km 123分 768.2kcal 26.4g

今日も交換会へ

朝は涼しい。しかも快晴の空。秋の雲まで浮いている。

いい陽気になってきた、と思った。午前中までは。荷造り作業を終えて今日も交換会へ向かう。外に出たら暑かった。とはいえ、真夏ほどではないのは湿度が少し下がっているからかも。

今日も車中では「思想地図β2」を読む。放射線の話について書いてある記事を読んだ。3月からこっち、一番よくわからない問題がこれ。病院で放射線治療を行っている医師がインタビューに答えていた。
そこに書いてあった実際の線量。治療で用いるのは80シーベルト(!)の放射線。桁が違った。8万ミリシーベルトだ。なんだかますますわからない気持ちになった。理解力が足りないのか、単にワタシがバカなだけか。とりあえず読了。竹熊さんの記事をもう一度読むと、放射線医師との認識の差が驚くほど開いていることに違和感を持つ。これに国際世論まで加わってくるともう何がなんだかわからない。どこに基準があって何が正しいのか。そして、我々はどうふるまったらいいのか。
”情報が欲しい”という話になるのだけど、情報が増えれば増えるほど、結局は判断できないって話になっていく。編集長の言う”ばらばら”を実感せざるを得ない。

入札を終えて昼飯にそば。食べ終わって地下鉄。渋谷駅で昨日出しておいたフィルムを受け取る。フィルム現像っていつまで受け付けてくれるんだろうなぁ・・・。なんて。

店に戻って荷造り作業を続行。お茶を飲みながら女房と二人でさっき読んだばかりの放射線話。話している自分に実感がない。

夕食の時、ひさしぶりにTVをつけずに食べた。娘と女房が小説のことをしゃべっていて、息子はワタシにペンタブの新製品について「出たの知ってる?」と話しかけてくる。なんでも、紙に書いた線画を読み取れるようになったらしい。デジタルはどんどんアナログに食い込んでくるんだね。まさかそういう流れになってくるとは思わなかった。
まあでも、それを使うのはアナログの総本山たる”人間”であることは動きようがないから、方法の選択肢がひとつ増える、的な影響にとどまるんじゃないかしら。何を使ったか、よりも、何をやりたいか、が常に上位なんだよね。
12346歩 7.40km 103分 668.5kcal 22.7g

交換会往復

朝から晴れ。久しぶりな気がする。

もう暑くない。湿度が下がったのだろうか。

子供たちの学校が始まってしばらく経ち、少し落ち着きが出てきた。別に子供たちが居ると邪魔とか思っているわけではないが、かといって四六時中そばに居られるのもナンだ(^^;。それぞれの領域でそれぞれががんばってお互いに見守る、くらいの距離感を保つ時期に入っている。
それは、かつて中学生・高校生だった頃の自分が考えていたことの振り返りでもある。オヤジたちは当時全盛期で仕事が忙しそうだった。ワタシはその様子を安心して見ながら学校での生活を楽しんでいた。

鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。終えてすぐに東横線。今日は交換会へ行くことにした。先週は愛書会展があったのでワタシは神保町へ行けなかった。

車中では「思想地図β2」を読み進めた。震災についての特集号。津田大介さんの現地取材記事には驚くべきことが書いてあった。例えば避難所に150個の弁当が届けられたとする。その時もし避難所に200人居たらどうなるか・・・。まさに非常時としか言いようのない事態がそこでは発生するという。結果としてその150個の弁当は受け取りを拒否されるか破棄されることになる。どうしてそんなことが起きてしまうのか。・・・詳しくは本を読んでもらいたい。

入札を終えて昼飯。食べ終わってすぐに地下鉄。続きを読み進めたかったからだ。

渋谷で降りてBカメラ。先日の房総半島で撮影したフィルム2本を現像に出す。デジカメがズラリと並ぶ売り場の片隅にDP受付がある。つい展示してあるデジカメを触ってしまうが、最新モデルはかなり動作も軽快で欲しくもなってくる。しかも、驚くほど安い。また仕事で使っている一台が壊れないかなぁ・・・(^^;。
4535歩 2.72km 42分 222.7kcal 5.7g

定休日

店舗はお休み。今日はオヤジがFITに乗って出かけているはず。

曇空。なかなか天気が回復しない。台風一過の晴天は明日らしい。

昨夜と今朝にわけて、中島哲也監督「告白」を観た。うーんと唸ってしまった。どうしても中学生の子どもを持つ父親の視点から抜け出せない。見なきゃよかったかな、的感想ももちろん浮かぶが、不思議と見たあと心に何ものこさなかった。
監督の見せ方がかなり恣意的。演出が、ということではない。映像的に。とにかく映像がいちいち凝っていた。ライティング、アングル、背景。映るものすべてがまるでアニメのように制御されていた。スローを多用し、クライマックスではさらに巻き戻しまで取り入れて、とにかく時間軸をいじりまくっていた。それがどこか”虚構”な感じを観ている側に伝えていた。そう。これは現実ではありませんよ、というわかりやすいサイン。だから、あれだけ悲惨な話にもかかわらず見ていてあまり感情的にならなかったんだと思う。これがもし、ハンドカメラ一台で撮ったようなドキュメンタリーっぽく淡々と見せられたら、より現実感が増して怖くて気持ち悪くなったかもしれない。
いろいろな作品で”中学生”が取り上げられるが、やっぱり大人から見て中学生はわからなくて恐ろしい存在なのだろうか。
途中、あきらかにエヴァンゲリオンで見た演出のオマージュがあったが、エヴァもまた何かのオマージュだったかもしれないか・・・。そういえば中学生がテーマってところは共通してる。

鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。昼飯を食べながらスマスマを観てたら、松たか子さんが出ていた。印象が変わらない人だな、と思う。さすがにお父さんはちょっと見た目の印象が変わったけど。

午後は荷造り作業と平行して本の整理。はかどらず。

少し早めの夕食を食べてから仕事の続き。終えてからランニング。直前にザッと雨が降ったが、通り雨のようだった。空には星が光っていた。
8829歩 5.29km 74分 473.3kcal 16.0g

1日店

曇空。今日は晴れると思っていたのになぁ。

昨夜はまた寝るのが遅くなった(^^;。寝不足の月曜日だが、どうにか起きて朝飯。食べたら仕事開始。
鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。月曜日なので荷物は多め。

しばらくして愛書会展の荷物を運送屋さんが運んできてくれた。ドーンと箱が積み上がる。先週オヤジが交換会で買った荷物も箱の中に仕舞うことができたらしい。どーりでヒモで縛られた本が少ないわけだ。

昼飯を食べて荷造り作業続行。並行して本の整理を始める。そろそろ眠くなってきた・・・(^^;。

オヤジとクルマの話をいくつか。明日の休みを利用してどこかへ出かける予定のオヤジはカーナビのことであれこれ疑問というか使い方に不安があるらしい。ETCカードのことなども。ワタシにしてみれば今までとほとんど変わっていないよ、としか言いようがないが、”全てが更新されている”と構えてしまえばそういうことも仕方ないのかも。
当初は奥多摩にドライブしたかったらしいが、天候の様子を見てムリと判断したみたい。昨日のワタシ同様、アクアラインを渡るようだ。

仕事を終えてから「思想地図β2」の続きを読む。テーマは「震災以後」。ツイッターのTLに流れてくるRTを読んでいると、どうやらかなり売れているらしい。読めばわかるが、事態がまだ進行している最中での執筆・編集は大変だったと思う。それでも、思想的にこの今現在をどう捉えたらいいのか、ということについて、編者はもちろん、執筆している人も言葉を搾り出している。
戦後世代が社会の中核になる今、キーワードは”家長”と語る猪瀬直樹さんの言葉にハッとした。つまり、”責任”だ。責任を果たすことを「ダサい」と切り捨て、ひたすら逃げる態度を取ってこなかったか、という振り返り。そーいうことは◯◯にまかせておけばいいよ、みたいな話。確かにあった。ワタシは何度も似た言葉を”聞いてきた”。それが積もってきた結果が”今”なのだろうか、なんて、コトが起こってみればそんな気もする。もちろん、自戒を込めて。
TVや新聞では聞けない読めない言葉が綴られている。
946歩 0.56km 10分 41.5kcal 0.9g

房総半島

台風の影響で朝から雨。

のっけからこれか。と少しひるんだものの、今日の目的はドライブだから、とそのまま出かけることにした。7時過ぎ。コンビニで買ったパンをかじりながらアクアラインへ向かう。
まだちゃんと乗っていない。運転に慣れるためという口実で一人ドライブ。カーナビの説明書は全く読んでいなかったが、信号待ちの時に操作して、どうにか目的地を勝浦に設定した。あとは知らん。連れてってくれ。
ETCカード挿入を確認してから浮島JCを通過。アクアラインは今年やっと二回目か。まだ朝だから混雑もしていない海ほたるに寄る。ここは・・・何年ぶりだろう。通行料がETC800円になってから初だ。

千葉県側に渡ってから雨が降りだした。そのまま木更津東まで直進して降りる。あとはひたすら一般道。久留里線と小櫃川沿いの道を走って途中小櫃付近で左折して山道に入る。踏切を渡る。小湊鉄道だ。しばらく走ると、養老渓谷沿いの道を走る小湊鉄道の車両が見えた。赤と肌色のレトロな趣き。踏切が鳴る。車両が目の前をゆっくり通り過ぎていった。

養老渓谷を抜けて大多喜街道。いつの間にか線路はいすみ鉄道に変わっていた。道なりに走っているうちに勝浦に到着した。外房線の線路をくぐったら海だった。
とりあえず市営の無料駐車場に停めた。まだ9時過ぎ。近所で朝市が開催中とのことで行ってみたが、これからいろいろ走るのにおみやげ買うには早すぎる。何も買わずに駐車場へ戻り、空いているのをいいことにクルマの各部を開けたり閉めたり。説明書を出して給油の方法を確かめたり(^^;。ちゃんと見るのはこれが初めてといういい加減さ(^^;。

勝浦海中公園に到着は10時少し前。少しひらけた海岸の向こう側に船橋のような建物が一本どーんと海から立ち上がっている。このヌッと感はなかなか。今日は台風の影響で水が濁っているらしく、割引料金で入場できた。
中に入ってビックリ。結構たくさん魚が居た。波に流れながら魚が舞っていた。メジナ、メバル、スズメダイ、他にシーバスが通り過ぎて行ったり、フグが泳いでいるよ!という声も聞こえた。

鵜原、興津、行川、小湊。トンネルが多い。外房黒潮ラインを走っていく。途中、巨大ビルが建設中。なんだろう景気がいいなと思っていたら、有名な亀田病院だった。
鴨川シーワールドはさすがに混雑しているようだった。

江見の手前にあった道の駅で昼飯。海鮮丼には大きめに切られた地魚の刺身が3枚載っていた。美味しかった。和田浦を通過しながら、ここで鯨定食を食べてもよかったか、とちょっと後悔。
房総フラワーラインに入り、海に際際な道を走っていくと野島崎に到着。駐車場に停めて灯台へ。もう何度目だろうか。最初に来た時は15年くらい前じゃなかったか。その時一泊したお宿は今日も営業している模様。野島埼灯台に昇って台風の海風に吹かれた。ここが房総半島最南端。

北上開始。バイパスを避けて進み、館山駅前の道を走る。内房なぎさラインというらしい。富浦を過ぎて岩井。ここの民宿では学生時代に吹奏楽の合宿で毎年来ていた。懐かしいが、もうどこにあるのか覚えていない。
まだ時間があることを確かめてから富津岬へ向かう。突端にある駐車場に停めて展望台に昇る。ここからは東京湾を一望できる。雲が早い。目の前には第一海堡。ジェットスキーが勢い良く走る。

木更津港を通過してアクアライン。海ほたるは奇跡的に混雑だったので休憩することにした。腹が減っていたのでえび焼きを食べたり、おみやげにアサリの佃煮や鯨の缶詰、白魚の塩辛わさびなど。
川崎の競馬場前で渋滞にはまっているとドザーっと豪雨!これが台風の雨か、と。
帰ってきたのは18時少し前。ドライブは快調だった。何の違和感もなく乗り換えることができてよかった。おそらく燃費も前のクルマの2倍くらい改善されているはずだ。

夕食に早速白魚の塩辛を食べた。こりゃうまい!
11030歩 6.61km 106分 539.7kcal 13.9g

ちょっと乗ってくる

朝は少しだけ早起き。

空は、とりあえず晴れている。いや、雲が多いか。とにかく風が強い。

クルマが来て数日経つというのにまだ一度も乗っていなかった。そりゃちょっとなんだな、と思い、朝飯前に乗ってくることにした。ちょうどオヤジは愛書会展のために神保町へ向かうところだった。「ちょっと乗せてもらおうかしら」という母親を助手席に乗せて一緒に近所をまわってみよう。
綱島街道を南へ。木月四丁目交差点を右折して尻手黒川道路。野川交差点を右折して中原街道。あとは武蔵中原駅前を右折して小杉から新丸子、という道順。道もすいていたのであっという間に帰ってきてしまった。
乗った感想をいくつか。まず、ハンドルが軽い。そして、アクセルを踏むと加速がものすごくスムーズ。オヤジは「うるさい」とか「力が足りない」なんて言っていたけど、そんな風には感じなかった。この間まで乗っていたクルマに慣れていたせいか、全ての動作が軽いのには少し慣れが必要かもしれない。・・・ま、すぐに慣れちゃうはずだけど。
マニュアルを読むと、カーナビについてケータイがブルートゥース仕様だとかなり便利な機能が追加されるらしい。この際だから買い替えちゃおうかしら、などと考えたり。ただ、AuよりもDocomoのほうが料金が安く済むってあるから悩むねぇ。思い切って乗り換えるかどうか。

ごく短時間だったから、たいして書くこともない(^^;。乗ったらまた気がついたことを書こうと思う。

店に戻って土曜日なりの仕事。荷造り作業はほどんどないので、鋭意本の整理。台風がなかなか過ぎ去っていかない様子。・・・大丈夫だろうか。このあたりは時折晴れ間も除くほど。ザッと降ることがあってもごく短時間。

夕食後はオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。
2231歩 1.33km 21分 113.1kcal 1.4g

愛書会展初日

台風接近の中、愛書会展は初日。

朝方は降ったようだけど、時間が経つに連れて天気が回復。ちょうど開場時間を迎えるころも降っていない。ワタシは店で仕事。オヤジが会場へ。どうやら台風の進路が西へ傾いたようで、山沿いを除いて関東はそれほど大きな影響を受けないで済んだようだ。

先週買っておいた本が積み上がっている。徐々に仕事を掛けていき、嵩を減らす努力を。
今日はラジオを聴かずに延々とクラシックを聴く。先日の演奏会で聴いたドヴォルザークに始まり、チャイコフスキーときて、モーツァルト。サー・ネヴィル・マリナー指揮のCDは音が綺麗で聞き飽きない。交響曲やらピアノ協奏曲など。仕事のペースも下がらなくて済んでいる。
先週は量を買えたからどんどん進めていきたい。

店を閉めてからしばらくして雨が通り過ぎていく。今日はやっぱり走れそうもないかな。21時過ぎにオヤジが帰ってきた。しばらく伝票の整理をしてから帰宅。明日もオヤジだけで愛書会へ行くことになっている。

仕事を終えてから「坂の上の雲」の第九回を見た。日露戦争は開戦して旅順口閉塞作戦まで描いていたが、あと4回で旅順攻略と満洲での会戦、そして日本海海戦を描くには尺が足りなさそう。日清戦争の描き方がそうであったように断片を描いて終わらせるのかもしれない。原作を読むと近代戦の凄まじさを理解するため日本人が”血で贖った”という言葉が突き刺さってくるのだけど、ドラマでそこまで描けるのかどうか・・・。気がつけばあと3ヶ月で12月になる。今年も終わるんだなぁ・・・。
705歩 0.42km 7分 34.2kcal 0.0g

明日から

ありゃ?雨降ってないや。

台風が近づいている、とさんざん聞かされていたが、今日も晴れている。ただ、数日前に比べて湿度も気温も上がっていて、夏が復活している様子。

明日から愛書会展。オヤジと母親は早昼を食べると二人で設営に出かけた。いってらっしゃい。ワタシは店で仕事を続ける。
せっかくだから、録音しておいたラジオを聴く。最近聴きたいラジオが増えてしまい、たまり始めてしまっている(^^;。今日は安住アナの日10。自家製納豆を作る自由研究の報告。茹でた大豆に納豆菌をまぶして暑い室内に置いておくと発酵して納豆になるはず、という目論見のようだったが、5回試して5回とも失敗したという(^^;。”発酵”せずに”腐敗”したそーな。この腐敗臭がひどくて、という話につづくものの、めげずに発泡スチロール容器で保温して精度を上げたものを作ってスタジオに持ち込み・・・。やっぱり失敗だったらしい。食べた感想が「苦い!」ってどんな状態なんだろー(?)。

オヤジたちは16時頃に戻ってきた。それからしばらく仕事を続けて、閉店後はお隣でお食事会を。先日小田原旅行へ行った時に食べられなかったお刺身の盛り合わせなんぞを食べたり、久しぶりに日本酒を飲んだり。それにしても、”現地”に行ったとしてもなかなか食べられなかった刺身があっさりお隣で安く食べられる現実(^^;。出かける理由がほしいよ。
652歩 0.38km 7分 29.0kcal7 0.5g

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10

このアーカイブについて

このページには、2011年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年8月です。

次のアーカイブは2011年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。