2021.7.11. 『ブラック・ウィドウ』

午後から雷雨の予報。

そのためもあって、今日は川崎まで『ブラック・ウィドウ』を観にでかけた。スカーレット・ヨハンソン主演。
マーベル映画を劇場で観ることになるとは。ま、でも劇場で観るべき映画だよね。
やー、アクションにつぐアクション。大画面に大音量で続くといささか疲れるね(^^;。そういうシーンが多いのでストーリーを追うのがめんどくさくなるのはいつものとおり。主人公のナターシャが国際指名手配を受けて隠れていたところをマスクマンに襲撃される。これがめっぽう強い。
ひさしぶりにマーベル映画を観たので完全に忘れていたけど、ブラック・ウィドウって戦闘集団がいたっけか。主人公はそこから足抜けしてアベンジャーズに参加していた(はず)。
小さい頃にアメリカのオハイオでスパイ活動していたときに組んだ”妹”も所属。妹は任務中に赤い”中和剤”を浴びて”洗脳”が解ける。ブラック・ウィドウたちは暗殺者として訓練されていただけでなく、首謀者ドレイコフに従うようにプログラムされていた。
ナターシャはブラック・ウィドウたちを開放するため、首謀者ドレイコフの居るレッドルームを目指す・・・。
レッドルームがどこにあったのか、って所から、急に「日本の国民的アニメーション監督作品」の設定がアタマに浮かぶ展開になる。アクションがすごいねぇ。ネタバレになるので詳しくは書かないけど・・・。
お話はエンド・クレジットのあとに続きがあって、アベンジャーズのエンドゲームにつながっていた。

7836歩 5.0km 293kcal 22.4g

川崎
ILCE-7M3 SUMMICRON35mmF2
2021-07-11 | Posted in 甘露日記No Comments » 

関連記事

Comment





Comment