2021.7.6. 定休日

くもり空。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。

仕事をしながら、録音しておいたラジオを聴く。深夜の馬鹿力、日天、問わず語り。
いつも聴いている細野晴臣さんのデイジーホリディが話題になっていた。いつもの調子だったのでそのまま聞き流したかんじだったけど、さすが神田伯山(!)。細野さんが「問わず語りを聴いてる」と話したところから食いついてゲストとのトークを面白くしゃべるしゃべる。話芸が達者だなぁ、とホントに思った。あの放送を人に話すとしてあれだけの熱量を込めて面白く喋れる人はなかなか居ないと思う。・・・まあ、一回聴いただけだと「悪口」に聞こえるかも、とご本人も言っていたが、そもそもキライなら触れもしないでしょ。あれは氏の感謝の表現なんでしょな。

午後は本の整理。仕事を終えてから先日現像したフィルムのデジタル化。

作業をしながら動画サイトで「アポロ11(完全版)」を観た。言わずとしれたアポロ11号の打ち上げから帰還までを描いたドキュメンタリー。ナレーションも入らず字幕だけだったのでむしろ見やすかった。
ドキュメンタリーなので当時の映像が中心だと思うけど、作中、「これはどうやって撮影したのか」と思える場面もあった。あとから”再現映像”を作ったのかもしれない。
ワタシが注目していたのは月からの帰還シーン。月着陸船・イーグルを月から打ち上げて宇宙空間までどうやって上がったのか、という点。「2tの推進燃料」が搭載されてそれを燃焼したようだったが、それであの質量の船が本当に月から宇宙空間まで打ち上がるのかね・・・。腑に落ちない。
母船コロンビアとイーグルがドッキングする時の映像が、コロンビア側からイーグルを撮影した絵とイーグル側からコロンビアを撮影した絵が左右に分けられて同時に写っていたけど、イーグル側の絵はどんな機材でどうやって撮影したのかな。それもわかんない。イーグル船内からコロンビアへ乗組員2名が移動したあと、そのままイーグルは切り離されて破棄。

4343歩 2.8km 159kcal 12.1g

表参道
PENTAX MX M40mmF2.8
2021-07-06 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事