2021.6.27. 氷川丸

くもり空。時折晴れ間も。

予報では朝からずっと雨。実際は午前中晴れで午後曇り。夕方から夜になってパラパラ雨程度。台風の進路を読み間違えたらしい。

午前中いっぱい仕事をしてから二人ででかけた。急遽だったので、横浜へ。元町・中華街駅で降りて、前回行ったパン屋さんへ。今日はならんでいた。大人気。
山下公園のベンチで早速いただいた。ハムチーズと海苔のパン、シナモンアップルとマスカルポーネチーズのピザ、しらすピザ。どれもおいしかった。りんごのピザはなかなか。

食べ終わってから、今日は氷川丸へ入ってみようか、ということになった。何年ぶりだろうか。
見学コースを進んでいく。一等食堂は秩父宮様が乗船したときのメニューがテーブル上で再現されていた(食品サンプル製)。船全体の内装がアール・デコで統一されていて、華美過ぎない演出が施されている。入り口はB-DECKで、その後A-DECKに上がって一等客室、一等特別室(スイート)、一等社交室と見学していく。一等はなかなか豪華だけど、一部屋一部屋はそれほど広くないので、太平洋航路13日間を過ごすには船内の散歩は欠かせなかっただろうなぁ。それと、”一等”は利用者が限られていて、入り口には一等以外の利用を制限する旨が書かれたプレートがあった。出される食事も一等はフルコースなのに対して三等は焼き魚などの庶民的な定食が供されていたそうだ。なるほどねぇ。
今日はオープンデッキは観ることができたが、工事をしていて船長室は閉まっていた。
C-DECKの機関室と、氷川丸の歴史が紹介されている展示室を見学して出口へ。
先日BDで「タイタニック」を観ていたので、船内の雰囲気を感じられてよかった。あと、タイタニック号の大きさ、豪華さが尋常じゃなかったこともなんとなくわかった。

山下公園を端まで歩いて日本大通り駅から帰路。小杉駅で降りて夕飯の惣菜を買って帰った。

夕食を食べながら息子から借りたBDで「インターステラー」を観た。地球環境が激変して人間が住めなくなってきている時代のお話。若干「2001年・・・」みを感じつつ、監督は時間の進み方の違いを描きたくて作ったんだな、と思った。

10568歩 6.8km 394kcal 30.1g

氷川丸
ILCE-7M3 SUMMICRON35mmF2
2021-06-27 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事