2021.5.4. 定休日

まあ、晴れている。連休も終盤へ。

連休中でも集荷に来てくださる郵便局の皆さんには感謝しかない。お世話になっております。
荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。

仕事を終えてから「大豆田とわ子・・・」の続きを動画サイトで観る。「今」とともに「過去」も描く物語には奥行きと説得力が増す。なんで今こうなっているのか、を、過去にこういうことがあった、と描くことで、なんとなく点と点がアタマの中でつながっていくおもしろさ。今回は松田龍平さん演じる最初の夫君の当番回。なぜ彼だけが主人公に対して淡々と接していられるのか、がわかる。
彼に言い寄る友人の彼女。その”詰め方”が非常にロジカルで”恋愛って怖いな”って感じがする・・・(^^;。
市川実日子さん演じる主人公の親友がようやくクローズアップされ、彼女の人となりが描かれる。最初の夫君は親友の紹介で出会ったそうな。ちゃらんぽらんなのは外面だけで、その内面には鋼のような強い意志が忍ばせてある。
登場人物たちの内面。男子は皆受け身で内向的なネガティブキャラ。対して女子は全員が積極的だ。一昔前の恋愛ドラマとは真逆の設定になっているのが興味深いな。女子と男子の会話劇をそっくり入れ替えてみるとわかる。・・・今の世相がコレなんだろうね。
何気ない会話の中に仕込まれた「最後の晩餐」とか「信号のない横断歩道を渡れない」とかのワード。そんな細かい描写をちゃんと拾って今回のラストへつながっている。やー、おもしろいなぁ。今週も楽しませてもらいました。

そうそう、劇中ご近所が出てきました。プリン・ア・ラ・モード。

2124歩 1.3km 75kcal 5.7g

渋谷
ZEISSIKON CONTESSA S310 TESSAR40mmF2.8

2021-05-04 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事