2021.4.18. 鎌倉散歩

春の嵐が過ぎて、朝から快晴の空。

今日は歩きたい。昼過ぎに二人ででかけた。横須賀線に乗って鎌倉駅下車。西口にあるパン屋さんへ行こうか、と車中で話した。が、御成通り商店街を歩いていたところ、女房が良さげな和風カフェを見つけた。そこで出しているランチにしてみよう、ってことに急遽決まった。出汁がクリーム色のうどんにアボカドとエビが合わせてある。なかなかよかった。

そのあと、お土産のつもりでパン屋さんでもいくつか買った。

六地蔵から由比ヶ浜方面へ歩き出す。久しぶりに海が見たかった。和田塚の駅横の踏切を渡って進んでいくと、徐々に風が強くなってきた。公園が見えてきたらもういけない。風は最大級。どうにか柵のところまで来ると、海には白波が立ち、砂浜からは砂塵が舞い上がっていた。マスクをつけていたから大惨事にはならなかったが、細かい砂が眼に入ってくるほどだった(^^;。とてもじゃないが無理。

すぐに来た道を引き返す。そのまま六地蔵から今小路を直進すると北鎌倉方面へ抜けられるようなので、散歩がてら歩くことにした。御成小学校の横を抜けて鎌倉駅へ向かう道との交差点をすぎると、銭洗弁財天から駅へ向かう時に歩いてたルートにつながった。ああ、ここに繋がるのか。寿福寺前の踏切を渡って線路沿いを流れる扇川横の細い道を歩いていく。この先はどの道も谷戸なのでクルマでは抜けることができない。至るところに「このさき行き止まり」の看板あり。鎌倉ならではなかんじ。
岩船地蔵堂を右に折れて亀ケ谷坂切通しへ。こっちから通るのは初めて。眼前の山にまっすぐ突っ込んでいく道の景観は普段見慣れていないと遠くまで来たような気分になれる。
急坂。こんなに急だったっけか。いつも下りで歩いていたからこれほどまでとは思っていなかった(^^;。ようやく峠を超えると道がゆるく右にカーブしていて、ああ、やはりここは鎌倉時代の要衝だったんだな、って思えた。

ツツジとシャガが咲いてきれい。坂を下りきると横浜・鎌倉線の道路に出る。横浜(大船)方面が大渋滞していた。いつものように湘南クッキーの自販機でいくつか買い求め、横須賀線の線路際を歩いて北鎌倉駅まで歩ききった。お疲れさま。

ウチに戻ってから娘をまじえてさっき買ってきたパンと湘南クッキーでお茶を飲む。ワタシはビールね。

13400歩 8.7km 508kcal 38.8g

扇川
PENTAX SPF SMC TAKUMAR35mmF2
2021-04-18 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事