2021.4.15. ほぼ1日店

晴れている。布団干し。

今日は一日店で仕事の予定。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。

午後からは本の整理。

お茶の時間のあと、オヤジは近所の整形までリハビリにでかけた。行ってらっしゃい。もう今日はシャッターを閉めてしまってもよかったんだけど、一応開けておいた。

戻ってきたオヤジは「イテテ」を連発。おっ。リハビリの効果が出てるんじゃないの?そりゃ最初は痛いはず。いままで血が滞っていた場所に通すからね。続けているうちに軽くなっていくと思うよ(たぶん)。

娘は夕食の前に帰宅。明日からしばらくは在宅勤務に切り替わる。ひとまず一段落ってことかな。

仕事を終えてから動画サイトで松たか子主演「大豆田とわ子と三人の元夫」を観てみる。おもしろい。主人公が屈折しているこの感じ観たことあるな、と思ったら「カルテット」だった。松たか子さんが主演だからそういう印象なのか、と思ったら、なんと脚本が坂元裕二(!)。そういうことか。
ここんところ面白いと思うドラマに共通する点は「群像+会話劇」だ。自分がそういう年齢になったから、なのかな。主人公の年齢設定が自分と同じくらいだとうなずく場面が多い(ような気がする)。
40代-50代って自分で自分の性格がわかるようになり、悪いところも客観的に自覚できるようになる。でも、もう悪い点も含めて性格を直せるような時期はとっくに過ぎているんだよね・・・(^^;。
第一回からかなりの情報量だが、余計なシーンはどんどんカットする勢い(無駄と思えるシーンがほぼ無くてテンポ良く話が進む)なのでスルスルと面白く飲み込めてしまった。
伊藤沙莉ナレーションで撒いたネタを登場人物が細かく小ネタ込みで回収していく韻がドラマにテンポ感を生んでいる。
次回から楽しみだ。

4122歩 2.6km 151kcal 11.5g

多摩川駅
KONICA HEXAR35mmF2

2021-04-15 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事