2021.3.29. ほぼ1日店

よく晴れている。昨日がこの天気だったらなぁ。

ポチッとしておいた原田知世さんの『SCHMATZ』が届いた。1987年当時、CDで買って繰り返し聴いていた。売った覚えはないので探せばどこかにあるはずだが、ざっと見て見当たらなかったので買ってしまった(中古)。
店のシャッターを閉めたあとに聴き始める。あー、そうそう。こういうアルバムだったよ。当時ワタシは学生だった。同じ学部の友達(長崎出身)と原田知世さんのコンサートに行った覚えもある。
アルバムとして買ったのはこのあとの「Tears of Joy」までで、その後は追いかけもしなくなってしまった。秋元康、後藤次利楽曲での原田知世さんが好きだったのかもしれない。
実際、20年ぶりくらいに聴いていい曲が多いな、って思った。「螺旋状の涙」とかメロウな旋律がとてもいいねぇ。当時はまだTVで歌謡曲の番組を毎週ゴールデンにやっていた。その頃の曲はどれもいいのよ。歌うまい人が多かったし、あの頃は良質がふんだんに溢れていた。どっぷり浸かっていたからそれが当たり前で豊かさに気が付かなかった。
今の曲にあまり興味がわかないのはワタシが年齢を重ねて今の曲に付いていけてないから、と思っていたが、おそらく違う。当時の曲の方が圧倒的に好きなのだった。
いい曲を聴くと元気になる。おまけに、繰り返し聴いていた若い頃も思い出す。なんだ、いいことばっかりじゃないか。

懐古趣味じゃないよ。これも一つの自己管理ね。

4566歩 2.9km 171kcal 13.1g

田安門前
ILCE-7M3 SUMMICRON35mmF2
2021-03-29 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事