2021.3.24. 定休日2

庵野秀明TVを見てからつべで検索をかけると、「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の感想や分析・批評のようなものを述べている動画が大量に上がっていることに気がついた。みなさん好きなんだなぁ。
基本、感想だと思うので、それぞれがそれぞれなりに受け止めて言いたい放題でいい、と思う。エヴァの中に存在する「謎」についてや、登場人物、メカについて、アクションのかっこよさ、構図が決まっていること。いろいろな論点がある。「世代」とか「時代」なんてのが入ってくるのも25年続いたシリーズならでは。
・・・で、この作品全体を「良い」と「悪い」の評価に分ける主な要素は、庵野監督が好きかどうか、に結局は収斂していく気がしている。
「悪い」と評価している人の言い分を聞いていてそう思ってしまった(^^;。その方はいろいろと理由は述べているが、要するに庵野監督のスタイルが気に入らないって言いたいらしい。キライなら近寄らなければいいはずだけど、作品がこれだけ世間の耳目を集めてしまうとそうも言ってられないのかな。・・・皆が好きという作品に駄目出しすることで注目を集めたいのかもしれないが・・・。
賛否両論噴出する作品って、「好き」だから「良い」と評される点が、人によっては「キライ」だから「悪い」になりがち。理屈じゃ割り切れない。
ドキュメンタリーを見て、あれだけ優秀なスタッフを4年間も”拘束して”作品を作っている人の覚悟と才能は人並み外れていると思った。そんなこととできた作品の良し悪しは関係ない、と、批判する人は言うだろうけど、見て面白かったと思う人の感情を無視したそういう手法はおそらく長くは続けられないと思うよ(^^;。
お疲れ様です。

3440歩 2.2km 124kcal 9.5g

神田須田町
PENTAX SPF  SMC-TAKUMAR35mmF3.5

2021-03-24 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事