2021.2.28. 天園ハイキングコース(一部)

よく晴れている。

今日は北鎌倉を歩くことになった。昼前に3人ででかけた。

湘南新宿ラインで北鎌倉駅下車。まずは女房のお目当ての「にちりん製パン」へ向かう。まさに脇目もふらず状態。とりあえず買いたかったパンを確保してから、昼飯を食べに少し北鎌倉駅方向へ戻る。途中、東慶寺門前の梅が目に入り、しばし眺める。雌しべのないダミーの花が半分くらい付いているらしいね。
古民家風カフェ。入ってすぐに注文カウンターがある。キーマカレーとピタパンのランチを注文。ドリンクは食事と一緒に出してもらうことにした。
開店直後でまだお客はまばら。2階席に案内される。アンティークなテーブルとイスがゆったりと配置されていた。ストーブもあるね。
ワタシたちが食べ始めてから次々お客が入ってきて2階はほぼ満席になった。運ばれてきたキーマカレーは辛口と表示されているだけあって、だんだん口が辛くなってきた。最後の方で食べた玉ねぎのピクルスが一番辛かったね。
ピタパンにはたっぷりのレタスと水菜、鎌倉ハムときゅうり・トマトが挟んであって、美味しいドレッシングがかかっていた。思ったよりもボリュームがあったよ、と娘。

食事を終えてから踏切を渡って明月院方面へ。そういえばこの道を歩くのって何年ぶりだろうか。しばらくして明月院門前まで来た。一時は通うように来ていたもんだけども。
明月院は通過してしばらく歩き、住宅街へ向かう坂を上っていくと、小さな看板に「天園ハイキングコース入り口」とあった。両側ヤブの狭い道を急坂で上がっていく。なかなか峠にたどり着かない。その間にも何度も人とすれ違った。こんなところでも来る人結構いるんだな。

ようやく峠の頂上まで来たと思ったら、一気に下り道。しばらく小刻みに登りと下りの繰り返し。再び合流点を通過したと思ったら、半僧坊0.5kmの表示が。一休みして水筒を使う。汗かいた。いい運動だ。
なんとか勝上献展望台にたどり着くと、さすが展望台というだけの場所だった。海抜145m。眼下に建長寺と半僧坊。その先には鎌倉市街と相模湾。右手には大きく富士山が座っている。いいねぇ。
しばらく双眼鏡を使って横浜方面に見えるビルの姿を眺めてから、ほぼ崖に思えるような場所に設置された急な階段で半僧坊へ降りた。
半僧坊に来たのは10年以上ぶりだ。建長寺の拝観料は大人500円に大幅値上げされていた。せっかくなのでお参り。急斜面に天狗像がずらり。歴史は意外に浅くて、明治23年に静岡県の奥山方広寺から勧請したそうだ。

階段を降りて鳥居をくぐると建長寺。大伽藍が谷戸に沿うように並んでいる。方丈の庭園を見物し、江戸期に再建された法堂の千手観音像と天井の雲龍図を拝観し、江戸初期に建てられた仏殿の地蔵菩薩像を拝んだ。ビャクシンも三門も立派だったけど、拝観料の大幅値上げでガラガラにすいていたのはどうだろうねぇ。300円でよかったんじゃないかなぁ。寒桜がきれいに咲いていた。

北鎌倉駅まで歩いて帰路。春間近の北鎌倉は案外すいていたなぁ。

15220歩 9.8km 575kcal 43.9g

半僧坊
ILCE-7M3 SUMMICRON35mmF2
2021-02-28 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事