2021.2.21. 城ヶ島

よく晴れている。

少し早起きして3人ででかけた。今日は城ヶ島へ向かう。

第三京浜から横横道路。衣笠ICから三浦縦貫道路。なんと料金所渋滞が発生(^^;。いまどきETCを設置しないで渋滞させるなんて、ね。
かわりに、荒崎周辺よりも先まで道が延長されていた(!)。キャベツ畑のど真ん中を真新しい専用道路が突っ切っている。これだけのおカネがあるなら料金所をETCに(以下略)。
三崎口駅のすこし手前から従来の道に合流。かなりのショートカットができたんじゃなかろうか。

城ヶ島の駐車場に到着は10時頃。今日はすいていてラクに停められた。食事処は11時ころからなので、しばらくあたりを逍遥する。今日は階段を登って城ヶ島灯台へ。いままでは京急ホテルのほうからも上がってこれたんだけど、ホテルが廃業・閉鎖されたため通路も閉鎖。商店の並ぶ道からしか上がれなくなっていた。白く塗られた灯台は明治3年に初点灯。関東大震災で崩壊して大正15年に改築された、と記録されていた。灯台の中には入れない。

海際のお店で昼飯。スマホでメニューを開いてそこから注文をするようにシステム化されていた。すごいね。もちろん、従来どおりの注文もできる。ワタシはスマホからやってみた。お目当てだったカサゴの唐揚げはなかったが、地魚の刺し身はたっぷりのボリュームといい味だったので満足ー!

一旦駐車場に戻り、島の反対側へ移動する。城ヶ島の駐車場はワンデー料金となっていて、複数回どこに停めても1日450円で利用できる。便利だ。城ヶ島公園で水仙を見物。娘はここぞとばかりマクロレンズで逆光のクローズアップ写真を撮っていた。
ワタシのお目当ては安房崎灯台。去年の3月に新築されたと聞いていた。以前のものはどうなったのかも気になっていた。
・・・あ。あれかな?はたしてそれだった。新しい灯台は公園の高台に設置されていた。なんと、デザインは市民から公募したという。カラーリングは三浦の名産「大根」をイメージするものだ。へー。全体的にレトロな印象を受けるけど、そういうことだったのか。
ワタシだけ階段を降りて、かつて安房崎灯台のあった場所まで行ってみる。ゴツゴツとした岩場の先。台座などは残っていたが、灯台部分は消えていた。あの風景とのミスマッチな組み合わせはシュールでよかったんだけどね。
展望台から見る大海原は地球が丸いことを意識させてくれる。

帰りに三浦大根と朝どれキャベツを買って帰路。途中、都筑PAで休憩。おやつにパンを買って食べる。その後、お墓参りをしてから無事に帰ってきた。
さ、仕事しなきゃ。

15236歩 9.9km 570kcal 43.5g

城ヶ島
ILCE-7M3 SUMMICRON35mmF2
2021-02-21 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事