2021.2.7. 新江ノ島水族館

よく晴れている。

今日は少し早起きしてお出かけの予定。娘も一緒なのは久しぶりだ。

クルマで第三京浜から横浜新道。終点まで乗って国道1号線を走る。箱根駅伝と同じ道ね。江ノ島手前の中部駐車場に到着は9時半。予定通りだった。海岸に出ると春霞みの富士山が大きく見える。たくさんのサーファーが波乗り中。

江ノ島へは何度も来ているが、えのすいは久しぶり。入場券売り場へ向かうと、行列ができていた。並んでしばらくすると券売が始まり、スルスルと列は進んでいく。案外ストレスなく入場できた。当然感染拡大防止のためにマスクと体温チェックがある。入場後も各所にアルコール消毒のボトルが設置されている。

普段の半分ほどに入場者を制限しているようなので、いままでのような混雑はない。たしかにゆっくり魚を見るにはこれくらいがちょうどいいなぁ。相模湾大水槽を見たあたりでイルカショーが気になって先を急いだ。まずイルカショーの会場を見てどれくらい席が埋まっているかを確認。まだそれほどでもなかったため、一旦売店・カフェまで戻ってパンをいくつか購入。それから席に着いた。ショーが始まる前の30分のうちに買ってきたカメロンパンとカレイの形をしたカレーパンを食べる。おいしかった。いつのまにか席は埋まり、少し空席もあるなかでショーが始まった。「定員に達した場合には入場を制限します」と表示があった。
以前よりもショーの内容はゆるいものになっていたが、たぶんこれくらいがイルカたちにとってストレスが少なくて丁度いいのかもしれないな。ショーのタイトルは「絆」。人とイルカの信頼関係を表したものだそうだ。

アオウミガメ、アカウミガメの様子を見て、しんかい2000の展示を見て、さっき端折った深海の実験水槽を見て、クラゲコーナーを見て、ペンギン・アザラシを眺めてほぼ展示をクリア。昼飯を食べよう、ということで水族館併設のカフェに行ってみる。やきそばと鮭イクラ丼、クラゲカレーを注文。テイクアウトもしやすい紙皿仕様だった。なるほどね。
そのあとフォンダンショコラのデザート(とてもおいしい)まで食べてからお土産売り場へ。いろいろとあって娘は見ているだけで楽しいらしい。まあ、わかりますよ。ぬいぐるみを買うのかな、と思ったが、今回はパスしてきれいな缶に入ったお菓子を買っていた。

江ノ島へは渡らず、しばらく海を眺めてから駐車場へ。そのまま帰路。さすがに道は混み気味。国道1号線を走っているうちはずっとゆるゆる走りになった。走り出したのは横浜新道に入ってから。やっぱり有料道路って混雑解消に効果あるんだなぁ。
いつものように都筑PAで休憩してから川崎ICで降りて多摩沿線道路を走って帰宅する。

13983歩 9.0km 529kcal 40.4g

新江ノ島水族館
ILCE-7M3 VarioTessar16-35mmF4
2021-02-07 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事