2021.1.31. 鎌倉へ

よく晴れている。

午前中いっぱい荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。

午後は二人ででかけた。今日は鎌倉を歩こうと思い、武蔵小杉駅から横須賀線。大船で発生した人身事故の影響で電車が20分遅れていた。それなら東京方面でもいいか、と思ったが、東京方面も遅れていた(^^;。

鎌倉駅で下車する人多数。みなさん小町通りを歩いていくみたいだ。いまや小町通りは立派な観光商店街。原宿の竹下通りのようになっている。この場所ではこのカタチが今は正解なのだろうな。
混雑を避けて若宮大路を歩く。段葛は歩きやすいので好きだ。そのまま大鳥居前。境内に入って参道に出ていた屋台で今日も銀杏を買ってしまう。ひとつください、と言ったら、銀杏を煎っているお店の人が「あと3分ほどかかります」と言った。3分待って購入。道の脇で煎りたてを3つほどつまんだ。・・・おいしいねぇ・・・。
今日のお目当ては岐れ路の信号脇にあるパン屋さん。鎌倉に来たらお寺巡りよりもパン屋巡りするのが正解。流鏑馬道を東へ向かう。金沢街道を歩いていくと、シャッター街を抜けたあたりで岐れ路の信号が見えてくる。向って左手にドイツパンのお店があり、右手奥にフランスパンのお店がある。まずドイツパンのお店の様子をみてみたが、パン屋さんというよりもカフェが併設されたケーキ屋さんって佇まい。プレッツェルが有名らしいんだけどな。
右手奥のフランスパンのお店でイートインすることにした。4つほど選んで2階の席へ行ってみると誰もいなかった。ゆったりした気分でパンをいただく。・・・おいしいねぇ・・・。
せっかく来たから帰りにドイツパンのお店でも何か買って帰ろうよ、と言ったら、「売り切れたらそれまでだから先に行っておこう」と女房。なかなか積極的。残念ながらお目当てのプレッツェルは売り切れ。ミートパイとピスタチオのカップケーキ、バームクーヘンを買った。
このあたりへ来ることもなかなかないので、釈迦堂切通しがどうなっているか見に行ってみよう、ということで、大御堂橋を渡った。滑川が良い風情だ。川沿いの住宅街を歩いて、おもむろに右手に折れてゆるい坂を上っていく。いわゆる鎌倉の谷戸だ。その一番奥が切通しになっている。が、現在は手前から通行止め。かつてはチラと切通しの様子が見えたものだが、現在はその後の台風被害でより状況が悪化していた。木が斜めに倒れたままになっている。史跡として整備する予定はあるが、工事時期が未定と案内板に書いてあった。こりゃずっとこのままだな・・・。

もと来た道を歩いて、再び八幡宮。そういえばもう何年もお参りしてないや、と階段を上がって本殿へ。お参りすると気分がスッキリするね。本殿の中では祈祷の真っ最中。
階段を降りると舞殿ではお祓いをしていた。前回来た時にした大祓の”茅の輪くぐり”も継続実施中。コロナ禍はいつまで続くのかねぇ。

駅前で豆菓子を買ってから帰路。今日はよく歩いた。ウチに帰ってから娘と一緒に買ってきたケーキを食べる。ここもおいしかった。

15453歩 10.0km 589kcal 45.0g

若宮大路
ILCE-7M3 SUMMICRON35mmF2
2021-01-31 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事