2021.1.16. 土曜日

もう1月も半分過ぎた。はやいねぇ。すぐに2月がくるぞ。

よく晴れている。布団干し。急に気温が上がる。ラジオからは「桜が満開の頃の気温です」と繰り返している。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。終えてツイートとニュースの編集。

シン・エヴァの公開再延期と、地上波で「序」の放送があったため、TLはちょっとしたエヴァ祭りになっている。
ワタシは1995年当時、深夜の再放送でエヴァに触れたニワカだったが、夏エヴァを劇場へ見に行くくらいにハマっていた。その後も新劇場版3作は公開時に見に行っている。今回もそれなりに楽しみにしていたものの、「Q」のあまりの展開に付いて行けてない(^^;。まして、「Q」から今回の「シン・エヴァ」までの期間がかなりあいたし、途中に「シン・ゴジラ」があったし、「シン・ウルトラマン」の製作発表があったりして、もう今さらエヴァでもないかもな、なんて気持ちもあった。
とにかく「Q」は問題作だったと思う。何度か見たけど結局わからない。故意に説明的な件を省いているフシもある。でもそれなら、どんなエヴァならよかったのか?と言われればそれも困るね。なんたって原作者が作っている新作なんだし(^^;。
エヴァはシリーズを通して「人の心はどうしたら救われるのか」を描いている(と思う)。どうしたら救われるかどうか、は、人それぞれで違う。救われるのカタチも違うだろうし、程度も違う。なんせ心の問題だから、本望と思っていたことが動いてしまうこともあるだろう。時代によって、年齢によっても変わってくる。・・・よくそんな不確かなものを作品のテーマにしたよね・・・。
でも、そういう抽象的なものをテーマにしたからこそ、作品として長く続くものになった。心の救済なんて誰にも解決できない問題だから、ね。
一度作品は完結しているのに、原作者の心がエヴァによって救われなかったのかもしれない。だから、今度こそうまくやろう、と新劇を始めたのかなぁ。知らないが。

2616歩 1.7km 90kcal 6.9g

みなとみらい
ILCE-7M3 SUMMICRON35mmF2
2021-01-16 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事