2020.12.17. ほぼ1日店

よく晴れている。寒い。布団干し。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。

店のシャッターをおろしてから、先日つべで見つけた「菊地成孔の粋な夜電波」を聴き始める。第一回からあったので、順を追って。
始まったのは2011年の4月からで、震災直後の大変な雰囲気の中だった。放送の中で「ラジオ寄席の枠があいた」と番組開始の理由を述べていた。ラジオ寄席をやっている場合じゃない、という判断が局内であったのかもしれない。
最初にかかった曲はチャーリー・パーカーの「ブルーバード」だった。この曲はその後、この番組のテーマとして毎回流れることになる。

「あの時から○年」の○には色々な数字が入るし、”あの時”にはいろんな事件が代入される。そのたびに「もうそんなに経ったのか」と振り返ることになるが、”あの時”がその時々で様々なので、何度も振り返るうちにものすごい年月が過ぎた錯覚に陥る(^^;。時間の感覚ってのは本当に不確かで、その原因はおそらく”あの時”と思い出すたびに増えていく「時間のものさし」をいくつも持ってしまうためじゃないか、と思う・・・。
自分の年齢ってのが一番大きな時間のものさしなんだけど、わりと今何歳なのか忘れがちになってきたからなぁ。

番組はそんな震災直後の雰囲気に沿うように控えめなトーンで始まっていた。なんだか今のご時世にも合うような気がしたなぁ。

5131歩 3.3km 190kcal 14.5g

北鎌倉
KONICA HEXAR35mmF2
2020-12-17 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事