2020.10.29. ほぼ1日店

よく晴れた。布団干し。

先日出かけた城ヶ島。持っていったカメラはRollei35とHEXAR。どちらもお気に入り。込めたフィルムは富士のACROSだった。今発売中のACROSIIではなくて、期限切れのACROS。晴れた風景をパキッと押さえていた。かなりコントラスト高め。
普段使っているのはチェコ製のISO100フィルム。それとは上がったネガの印象が違う。やっぱり欧州の光と極東の光は違うのかも。いや、単純に価格の違いか。
こういう違いってドイツ製のレンズを使ってもちょっと思うことだ。ドイツ製のレンズはトーン重視。逆光でも結構拾ってくれる。日本製のレンズはコントラスト重視。シャープでパキッとした絵になる。ま。どちらもワタシが使っていてそういう傾向があるような”印象”ってだけの話だが(^^;。
ACROSにHEXARの組み合わせが割と好きだったけど、ACROSはディスコンになってしまった。ACROSIIは値段が高すぎてさすがに使えない。フィルムは36枚撮り1本あたり500円が上限って感覚が未だある。
かつてヨドバシでネオパンSSの詰め替えを150円くらいで買えたころが懐かしいな。

4543歩 2.9km 165kcal 12.6g

城ヶ島
ROLLEI35 TESSAR40mmF3.5
2020-10-29 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事