交換会へ

よく晴れて暑い。

息子が休みを取って出かけるらしい。ケーブルレリーズを借りに寄った。出かけた先で天体写真を撮りたいんだって。なんだ、高校の時のワタシみたいじゃないか。三脚は持ったのかなぁ。三脚があったとしても、長時間露光だと星が回って写るよ。止めたいなら赤道儀を用意しなきゃならなくなるけど、まあ、今回はお試しレベルだろうな・・・。

昨日からつべで検索して吉村妃鞠さんの演奏を繰り返し聴いている。ロシアで行われたコンクール映像が一番ヒットするのだけど、聴いている審査員の一人が夢中になってしまう様が印象的。・・・それくらい魅力的な演奏なのよ。聴けばわかる(!)。

今日は交換会へ向かう。車中では宮崎駿「出発点」の続きを読む。各界の第一人者との対談がなかなかおもしろい。押井守、糸井重里、司馬遼太郎。うまく時期をずらして押井監督はラピュタの時期、糸井さんはトトロ、監督憧れの司馬遼太郎さんとはもののけ姫の時の対談。
押井監督とは映画製作について結構な激論になっていた。宮さんが「うる星やつら」についてかなり突っ込んだ批判をしたため。押井監督がなんとなくなだめつつ、男が女性(ラム)を描くのは難しい問題にずらしていったら宮さんにも心当たりがあって(姫問題)場は収まっていった・・・。

神保町。灼熱。風も吹いてる。古書会館。入札を終えて昼飯はそば。

地下鉄で原宿へ移動して、代々木公園を歩く。日向には人っ子一人いない。木陰のベンチに数人。あたりは蝉の声が満ちている。ワタシは木立の中の道を歩いて木の幹にしがみついているセミの抜け殻を観察したりして。アブラゼミとニイニイゼミの抜け殻は確認できたけど、クマゼミのはなかったなぁ。
カラスも皆木陰で暑さを避けていた。休んでいたカラスに「セミって美味いの?」と聞いたらさっさと逃げていった。

NHKホール前のケヤキ並木を歩いて公園通りを下っていく。PARCOまでは店がなくなってきているなぁ。人通りも少ない。紀伊國屋書店の角を曲がって坂を登って降りてロフト前。宇田川を下って渋谷川との合流点。「宮下公園」が新オープンしていた。ちょっとだけ足を踏み入れて2階フロアからのんべえ横丁を見下ろすと、こんなに狭いエリアだったっけ、とびっくりした。・・・渋谷は一度全部新しくするつもりなんだな・・・。

東横線に乗ろうとBカメラ前の地下入り口を降りると改札口までのルートが変更されていた。東急百貨店の建物取り壊し・建て替えに伴う準備だろうか。

店に戻って荷造り作業の続きと差し出し。本の整理。

昨日届いたIH炊飯器。今日の朝飯から調子よくご飯を炊いてくれた。女房は「ちょっと柔らかめになっちゃうのよね」と言ってたが、それほど気にならないよ。おいしかった。

11457歩 7.4km 431kcal 32.9g

中目黒
ILCE-7M3 SUMMICRON35mmF2
2020-08-21 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事