金曜日

晴れている。

勢いで湯浅政明監督作品の過去作を掘る続き。借りてきたDVDで「四畳半神話大系」を見始める。
不思議なお話だ。大学生になった主人公である「私」が大学のサークルに入り、バラ色のキャンパスライフを送ろうと目論むんだけど、ことごとく自分の思い通りにならずに”時間を巻き戻す”。
映画サークルに入ったり、同じ下宿「下鴨幽水荘」の住人8回生・樋口の弟子になったり、ソフトボールサークルに入ったり、大学の秘密組織「福猫飯店」に入ったり・・・。その度に小津という友人の干渉によって”失敗”して時間を巻き戻す・・・。
驚いたのは第10回。とうとう”サークルに入らない”という回が来る。下宿の四畳半でずっと過ごす主人公。気がついたとき、部屋を出ようとしてドアを開けたその向こう側にも自室の四畳半があった(!)。その四畳半はその向こう側にある四畳半につながっていて、そのまた向こう側には自室の四畳半があった・・・。どうやら時間を巻き戻すたびに並行世界が生じ、ふとしたきっかけでつながってしまったらしい。すごい世界観だったな。主人公はその後この無限に続く四畳半世界に2ヶ月以上閉じ込められる。
「私」の充実したキャンパスライフってのはどんなものだったのだろうか。結局は下鴨神社の古本市で出会った明石さんという一年後輩の女子と付き合うことだったのかもしれない。そこをなぜかやせ我慢して回避してしまった第一回の失敗を挽回しようとして、その後すったもんだするお話だったのかもなぁ・・・。
今作も絵が面白くて、実写で撮った動画をモノクロ化してアニメーションと合わせる絵が印象的。

3341歩 2.1km 126kcal 9.6g

多摩川
ILCE-7M3 VarioTessar16-35mmF4
2020-04-24 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事