1日店

くもり空。時折晴れる。

今日も1日店で仕事の予定。まだまだ本が積み上がっている。

昨夜は仕事を終えてから「拝啓父上様」の続き。最終回まで観終えた。神楽坂が変わってしまう、ってテーマがドラマの背骨のようにあった。物語の舞台の料亭「坂下」は明治から続く老舗だが、時代の変化には勝てない、ということだった。でも、わりとお店は忙しそうで活気ある様子だった。大女将さんの旦那である大物政治家が亡くなり後ろ盾が消えたため、ということだが、生前は資金援助とかあったってことなのかしら。すぐに高層マンションの建設計画に乗って店を一度閉店する、と若女将が動き出す。その動きに反対する大女将だが、時代の流れに抗うこともできず、というラストに向かって行った。
その大女将役に八千草薫さん。料亭の花板に梅宮辰夫さん。板前修行中の主人公が二宮和也という配役。他にも主人公の母親で元芸者の役に高島礼子さん。若女将に岸本加世子さん。主人公の恋人役に黒木メイサさん。時折ゲスト出演する人も大物で、森光子さんや加賀まりこさんがこれまたカッコイイ役でワンシーンだけ出演したりする。いいドラマだったな。

そういえば、主人公の「父上様」は結局最後まで誰なのか明かされなかった。いわゆる”マクガフィン”だったね。

1897歩 1.2km 66kcal 5.1g

田町
ROLLEI35 TESSAR40mmF3.5
2020-01-16 | Posted in 甘露日記No Comments » 

関連記事

Comment





Comment