定休日

晴れている。布団干し。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。

午後一番で郵便局へ行ったらものすごく混んでいた。年末でいろいろと用事のある人が多いんだろうなぁ。それにしても、せっかく休眠している窓口があるんだから年賀状買いに来た人とかそっちへ移動してもらったらいいのに、って思うよ。ATMより郵便窓口の混雑をなんとかしてほしい。

午後は本の整理。

TLに「過去のSWを見たけどどこが革命的なのか全然わからなかった」という24歳の人の発言があって物議を醸していた。SWの映像はそれ以前にはなかった特殊技術が多々使われていたから革命的な映画になったわけだけど、その”革命さ加減”はその時代に居た人にしか感じられない面がある。後の映画は受けた影響を分析して同じような絵が撮れるようになっちゃうからね・・・。
・・・今回の三部作は脚本が前三部作を観てないと理解できない箇所が多々あって、7と8は4と5を現代風に焼き直しているからお話に目新しさはなかったかもしれない。9のラストシーンがなんでタトゥイーンの夕日なのか、も、4を観てなきゃ絶対わからない(^^;。
・・・映画って新しさとかお話の良し悪しとかだけで語られるものでもないよなぁ・・・。ブレードランナーもそんな風だし。「記憶」や「思い出」をテーマにしたSF大作って言えば逆に”新しい”ってなるかしら?(^^;。
どれだけ時代にツメアトを残せたのか、なんて、映画公開から随分経ってからになるはず。
映像はCG技術が発達してしまったからこそ、脚本に再び注目が集まるようになってきたかもね。

今回の件もそうだけど、面白い新作が出ることで過去作が”現在の価値観で批評されてしまう”ってことなんだろうね。新しさは常に更新されていくし、価値観も流動する。何が新しくて何が面白いのか、も、時代とともに変わる。最後は「好き」か「嫌い」か、に感想は集約されていく運命にある。

3602歩 2.3km 129kcal 9.8g

青山
ILCE-7M3 SMC-TAKUMAR35mmF3.5
2019-12-24 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事