多摩川散歩

雨が降るとの予報だったが、朝から晴れ。

急遽、二人で近所でも散歩しに行こうか、ってことになった。

昼過ぎに出て丸子橋を渡る。東京側の水門へ向かって歩く。そういえばこの遊歩道を歩くのは随分とひさしぶり。調布取水堰は戦前に造られたもので、亀甲山にあった浄水場に取水するためのものだった。昭和40年代に入って多摩川の水質が急速に悪化したため取水を中止したそうだ。現在は工業用水として使っている、と記述のあるページもあるなぁ。取水施設自体は動かしているのかもね。
堰があるため、魚道が設けられ、船の行き来ができるように高低差を補う「閘門」も併設されていた。これは今まで気が付かなかった。
魚道にはサギやカワウが獲物を狙って立っていた。

川沿いの遊歩道を上流に向かって歩いていくと、駐車場と野球場が見えてくる。ここいらで一旦休憩してから亀甲山方面へ向かう。丸子川を渡って坂を登ると公園があって、いつのまにかリニューアルされていた。一級の遊具もズラリとあって、親子連れが遊んでいた。 植わっている松と桜以外にいままでの面影はあまりない。やっぱり遊具が新しくなると人が集まるもんなんだねぇ。

すぐとなりにある宝来山古墳に登ってから、一旦急坂を下りて宝来公園へ。このあたりはワタシが子どもの頃からの散歩コースでもあった。まだ遊園地の「多摩川園」も「二子玉川園」も営業している頃だったが、母親はなかなかそういう場所へは連れていってくれなかったな・・・(^^;。
宝来公園は斜面にあって、一番低い場所にちょっとした遊具と池があるが、あとは木立の中、斜面を登ってあるく道だけがある。田園調布側の門のそばにあったもじゃもじゃ型の遊具は小さい頃の娘がお気に入りだったが、撤去されて姿を消していた。

宝来公園を抜けると田園調布駅までは一本道。日本を代表する高級住宅街だが、街の規定でいろいろと制約があるそうで、売りに出ている物件とか更地化されてる土地もちらほら。

駅前にあるパン屋さんで昼に食べるものをいくつか買ってから東横線に乗って帰ってきた。

帰ってからはPC組み立て作業の続き。どうにか組み上げてからWin10のインストール作業。うん、やっぱり慣れてないね(^^;。ライセンスキーを購入してどうにかこうにかインストール完了。おお、ちゃんと組み上げたPCでWin10が動きましたよ。ひとつひとつ確認しながら前に作業を進める。あとは大きな作業として今使っているPCからの引越しがあるんだけど、それはまた明日以降ね。

10286歩 6.6km 379kcal 28.9g

多摩川
ILCE-7M3 RICOHGR28mmF2.8
2019-09-22 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事