交換会へ

晴れている。今日は暑くなりそうだ。

交換会へ向かう。車中では今日も「日本の近代建築」(上)の続き。ウォートルスやブリッジェンスの活躍を経て、擬洋風建築の件に。清水喜助による築地ホテル館と第一国立銀行の建物の解説。この2つの建物を「摩訶不思議な」と形容する藤森照信先生。
サーベイヤーであるウォートルス等が退場し、擬洋風建築が一世を風靡。その後、”本物”の西洋建築が移入されることで一気に擬洋風建築は下火になる。わずか明治10年から20年くらいで全く造られなくなるそうだ。
ま、でも、観てて一番おもしろいのは擬洋風建築で間違いないね。第一国立銀行とか万博で復元されないかしら。

神保町。古書会館。入札を終えて昼飯。原宿駅へ移動して渋谷まで歩いた。渋谷の坂道ってのは痺れるねぇ。まっすぐ伸びる道が波をうったように上下にうねってる。誰が線を引いたんだろうなぁ。

店に戻って本の整理。

9399歩 6.1km 357kcal 27.2g

湯島聖堂
PENTAX MX M40mmF2.8
2019-09-02 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事