谷津バラ園

よく晴れて暑い。

昼頃に二人で出かけた。谷津バラ園へ行こうよ、というリクエスト。横須賀線に乗って総武線快速津田沼駅下車。やあ、初めて降りたよ。

フードコートにあったパン屋さんを見つけて昼飯を済ませる。広場ではイベント開催中。「アナタ、ビール売ってるけど飲みたいって言わないんだね」と女房。そうね。これから散歩する時に飲むと辛くなる季節だよ(^^;。焼いたソーセージとかもうまそうだったなぁ・・・。

線路沿いの道を歩いて千葉工業大学の横を歩く。この先に新京成線の跨線橋があって、ものすごい急カーブを描いて京成の津田沼駅に接続している。
千葉工業大学の敷地は 鉄道第二連隊施設 だった。その名残として正門が残されていた。平成10年には国登録有形文化財に登録されたそうだ。
新京成線の線路もこの鉄道第二連隊のカーブ実験線が流用されている。その様子を見にきた。跨線橋を通過したあと、線路沿いの道を歩こうとすると、すぐにある企業の社宅群の敷地になってしまい、立ち入りできなかった。まあ、”跡地”ってそういうもんだよね・・・。
京成津田沼駅の近くの踏切から急カーブの様子をちら見することはできた。

京成津田沼駅から京成線で谷津駅下車。ここからバラ園までは一本道。京葉道路をくぐるとすぐに公園っぽくなっている。かつてこのバラ園から先は海水浴場だったらしい。現在は谷津干潟として環境保全され、ラムサール条約にも加盟していると表示がある。

バラ園は市立。入場料は550円。入り口の看板に「花は70%咲いています」と書いてあったが、中に入ってぱっと見は満開。花の量がとても多く見える。よく見ると、すでに花期を過ぎかかっている枝が随分ふくまれていた。それで70%なのね。

園内の中心部は日向のカンカン照り。しばらく散策したら日陰のベンチで休んだ。やー、今日は暑いよ。水筒のお茶を飲む。

バラはいい状態でたくさん咲いていた。管理がとても行き届いていると思った。流石だね。

外に出てからバラのアイスを買って食べる。ちゃんと食用のバラが入っているらしい。いい香りがした。
バラ園裏の谷津干潟もちら見。遊歩道が整備されていたが、そこを歩くほど時間もなかったため、しばらく風に吹かれながら干潟の鳥たちを双眼鏡で眺めてから帰ってきた。

谷津駅から京成線で船橋駅乗り換えで総武線快速から横須賀線。小杉駅で夕食の買い物とかしていたら遅くなってしまったわ(^^;。

14279歩 9.2km 544kcal 41.5g

谷津バラ園
ILCE-7M3 SUMMICRON35mmF2
2019-05-26 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事