1日店

予報では曇なんだけど、晴れてるね。

昨夜は遅くまで借りてきたDVDで「キャプテン・アメリカ」を観た。いわゆるアベンジャーズの最初の作品らしい。息子がアベンジャーズにドハマリしていて、「観ておいたほうがいいリスト」を送ってきたので、手始めに。
うん。なんであの古風なコスチュームなのかがわかった。物語の年代が第二次大戦中だったんだね。敵がナチス絡みになるのはインディ・ジョーンズ最後の聖戦みたいだな。主演のクリス・エヴァンス。最初登場した時は背が小さくてガリガリだった彼が”血清”注入後にムキムキの身体に変わる。あれはどうやって撮ったのかねぇ。鈴木亮平さんのように減量したり鍛えたりして肉体を改造したんだろうか・・・。
お話はまあ、冒険ものなのでそこまで深くない。が、アメリカ人ならわかる何かメッセージが込められているかもね。
青く光るキューブがシリーズの鍵になっていくのかもな。

あと、『ガンダムTHE ORIGIN VI 誕生赤い彗星』を観た。シリーズの前半で撒いたエピソードを後半で回収する展開になるかな、との予想はハズレた。ラストはなんと、「ファーストガンダムへつづく」だった(^^;。なんだこりゃ。尺の長さはファーストガンダムとほぼ同じだけあるんだから、このシリーズはこのシリーズで一つ終着点を描くべきだったのではないかしら。これじゃ本当に超長いファーストガンダムのアバンって位置づけになっちまうよ。
ジオン・ダイクンが生前幼いキャスバルとアルテイシアに口癖のように語っていた「人の革新」について回想シーンで描き、ダイクンが作りたかった本当のスペースノイドの国を建てる野望を秘めてキャスバルが戦っている、とか、そういう動機よ(!)。無いの?そういうシーン。シャアの内面。「キシリアだけは許さん」ってつぶやくシーンとか欲しい。全然エモくないよー。
戦うにはそれなりに強い理由が必要、というのがワタシの中にはある。”生き延びたい”ってくらいしか理由もなく、「シャアはザビ家に恨みを持ちつつ連邦と戦っている強いキャラ」くらいの設定ではモビルスーツに乗って戦場の最前線で戦えないって思うんだよね。
・・・よくこんなラストシーンのためにこの長編を制作できたなぁ。作家としての安彦良和監督の本当の意図はどこにあったんだろう・・・。まったくわからん。
絵は好きなんだけどなぁ。

1475歩 0.9km 5.2kcal 3.9g

曙橋
ILCE-7M3 ELMAR50mmF3.5
2019-05-20 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事