1日店

晴れている。

今日は店を開ける。荷造り作業を鋭意。いつもお買上げありがとうございます。

午後は本の整理を続けた。

仕事を終えてから「機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜」を観た。わりと淡々と話は進んでいく。ガルマの若い頃の様子とか、ドズルの奥さんとの馴れ初めとか、シャアとララァの出逢いとか、アムロとフラウの出会いとか。
ここまで観てきて、なんとなくわかったことがある。これは「ファーストガンダム」を原作とした二次創作作品なんだな、ってこと。たしかに”本物”のシャアもアムロも出てくるけど、”原作”からはみ出るような迫力あるエピソードが描きにくいみたいだ。やはり矛盾なくファーストガンダムへと繋がっていくラストにしなければならない、という制約が大きいんだろうな・・・。
世代的なもの、とか、何度も観ているから、とか、いろいろ理由があるのかもしれないが、”原作”は今でも途中から夢中になってしまうくらいお話が面白い。キャラクターの内面もえぐるように描かれるので、十分感情移入が可能だ。後にパロディされるくらいの名台詞も満載で、娘はファーストガンダムを観ていて「これかぁ」と反応することが何度もあった。「坊やだからさ」「おやじにもぶたれたことないのに」ほか動画を作っている人がセリフをパロることが多いらしい。
「THE ORIGIN」シリーズではそういうキメ台詞のようなものが、ない。びっくりするくらい、ない(^^;。”原作”のイメージをこわしちゃいけないという配慮なのか、それとも、富野由悠季さんがお話の組み立てに関わらなかったためなのか・・・。ま、はっきり言えば、キャラクターそれぞれが台詞を”生きて発している”感じがしないんだな・・・。
モビルスーツ立ち上がりのエピソードは興味深い。ちゃんとミノフスキー博士とガンダム開発者のテム・レイが繋がっていた。そういう細かい”裏付け”が積み上げられているのは丁寧だな、と思う。

2524歩 1.6km 90kcal 6.9g

谷戸
ILCE-7M3 ELMAR50mmF3.5
2019-05-16 | Posted in 甘露日記No Comments » 

関連記事

Comment





Comment