令和

今日から新年度。

今日は来月から始まる新元号の発表があった。「令和」だそうだ。この、知っている漢字2文字なのに今まで聞いたことも読んだこともない文言がいきなり登場する感覚。それこそ、30年ぶりだね。

ネットではいまか今かと中継を待っている様子。仕事で関係する人もそりゃ多いはずだけど、大部分の人は単純に興味とか期待だったはずだ。

発表直後には「令和」とその由来についてのツイートが出回ったので、オヤジと母親に「令和」に決まったよ、と言うと、早速漢和辞典をひきはじめた。すごい食いつき方だな、と思った。

報道がいろいろ始まると、街頭で配られた新聞の号外が奪い合いになって混乱が発生していた様子や、TV、ラジオなどメディアそのものが新元号報道で加熱している様子が出てくる。新年度が今日から始まるが、そういうこととあいまってか新しい気分全開って感じ。率直に言ってみなはしゃいでいる。出典とされた「万葉集」が店頭で次々と在庫払拭し、出版大手は大増刷を決定したみたい。
こういう機会を捉えて古典が復活したらいいな、と思う。

前回の元号発表は30年前。こういう雰囲気はまったくなく、天皇陛下崩御に伴うもの、という認識だった。同じことをしていてもこうまで変わるものなんだなぁ、と感慨深かった。

1452歩 0.9km 50kcal 3.8g

ILCE-7M3 SUMMICRON35mmF2
2019-04-01 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事