交換会へ

晴れている。

今日は交換会へ行くつもり。昼ごろに東横線に乗る。いつものように半蔵門線で神保町駅下車。古書会館。入札を終えて昼飯。

ちょっと思い立ち、神田明神へ行こうと思う。御茶の水橋は橋脚補強工事が始まっていた。御茶の水橋から見た駅は現在大改造中。既存のホームの頭上に駅ビルが建設中だ。エレベーター、もしくはエスカレーターでホームに降りられるようにするはず。

聖橋を渡って神田明神前へ。一度正月のあいだに来たことがあるが、大変な混雑だった。が、今日はさすがにすいている。新しく文化交流館という建物が完成していて、既存の機能をそこへ移したらしくて境内が少し広くなっていた。まだ巨大な賽銭箱はあったのでお参りする。

いつものように明神男坂を下って秋葉原へ。ここに来るといつも思うんだけど、「神田明神」なので最寄り駅は「神田駅」だろうと思うと大変な思いをすることになるよね(^^;。実際の最寄りは「御茶の水駅」。神田駅って実は日本橋寄りで神田の中でもかなり南のハズレだ。
大通りに出て新幹線をくぐり、Yカメラの横から地下鉄に乗って帰路。

店に戻り、本の整理を始める。

夕食を食べながら借りてきたDVDで「ごめんね青春!」の続き。最終回。第一回目からあれだけひっぱった「礼拝堂」の火事をうやむやにして終わらせる。
いつも思うんだけど、宮藤官九郎脚本のドラマは最終回がどんなふうに終わったのかいつも思い出せない。初期の傑作「池袋ウエストゲートパーク」「木更津キャッツアイ」からそうなので、おそらくわざとそういうふうに書いているはず。あまりに劇的に終わらせると心に深く残ってしまい、ドラマ世界から現実に戻れない人が出てしまうことを心配してるから、かな?なんて思っている。

8465歩 5.5km 321kcal 24.5g

ILCE-7II SUMMICRON35mmF2
2019-01-18 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事