浅草から日本橋

年始めは浅草へ行きたくなる。

今日は昼頃に3人ででかけた。浅草へは横須賀線・総武線快速で新日本橋駅下車・銀座線で浅草まで。横須賀線はガラガラだったけど、銀座線はとても混んでいた。駅のホームは混雑で思ったよりも歩きにくかった。

地下飲食街から新仲見世に出て伝法院通り。仲見世を歩いて浅草寺の境内へ。やっぱり人は多いが、正月直後の混雑ほどではない。流れている。

観音様にお参りをしてから、さて、何を食べますかい、と娘に聞くと、とりあえず浅草メンチが食べたいと言う。それじゃ行きますか、と再び伝法院通りへ向かう。途中、盛況なホッピー通りを歩いたが、この通りがこんなふうに変貌を遂げるとは思わなかったなぁ、と感慨深い。ここはかつてこれほど大規模な飲み屋街ではなかったし、こんなに人がたくさんいる場所では全然なかった。

どこを歩いても人が居るけど、歩いているだけの人も結構居るようで、商店街は流行っているお店と流行っていないお店で明暗がはっきりわかれている(ように見える)。娘のリクエストで行った浅草メンチは大繁盛していたが、近隣のお店とはうまくいってないようだった(^^;。(食べ歩きの)お客が多すぎるってことね。メンチは今回で二度目だけど、美味しかった。お店が用意している「食べていい場所」で頂いた。

「もうちょっと食べたいね」と娘。仲見世で”あんなしの人形焼”を買ってから浅草寺の境内に出ている屋台で広島焼きを買って食べる。ボリューム感があっておいしかった。食べているあいだに目についた「おやき」も追加。納得の野沢菜とナス味噌味を分けて食べる。そういえば、浅草に来てちゃんとお店に入って食べたのって随分ないかもしれないなぁ。名店が揃ってるってのに(^^;。

雷門前でお土産に雷おこしと五家宝を買う。そこで娘が声をかけられたが、同じ塾で先生をしている人だった。なんでも、去年までは娘が教えていた生徒さんだったそうで。大人っぽく見えたから娘よりも年上なのかと思っちゃったよ(^^;。

吾妻橋の袂から隅田川テラスに出て少しだけ散策する。水上バスが転回して竹芝へ向かって動き出していた。よく考えたら壮観な絵だね。

まだ時間が早かったので、銀座線に乗って三越前で下車して東京駅まで歩いた。このあたりは今建設ラッシュで、昭和40年代に造られたビルがどんどん建て直されている。日本橋地区はそろそろ終わったのかな。大手町あたりはまだ残っている様子。街の耐震化ってことだろうね。オリンピック招致もおそらくこういう隠れた命題のためなんだろうって思う。今は日銀と常盤橋が工事中。

東京駅から横須賀線で帰路。明日が娘の成人式ってことで、隣駅までお祝いがてら飲みに行く。普段からよく親に付き合ってくれてありがたいよ。おいしいお酒と食事を楽しんだ。

15202歩 9.8km 578kcal 44.1g

ILCE-7II ELMAR50mmF3.5
2019-01-13 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事