六義園

晴れている。

午後になってから二人で出かけた。今日は駒込の六義園へ。そういえばまだ一度も行ったことがない。
実はウチから乗換なしの一本で行けた。南北線の駒込駅下車して地上に上がったら門が目の前にあった(^^;。こんな気軽に来れる場所だったとは。

門の斜向いにあるパン屋さんでいくつか買ってから入る。紅葉の見頃はまだ先。それほど混んでいないようだけど、雪吊りの実演があったりして場所によってはそれなりに混んでいた。園の真ん中に池のある回遊式庭園。見事。よく整備が行き届いている。各所各所に見どころとなるような場所が配されていて、つい2回も巡ってしまう。元禄時代に柳沢吉保が造った庭園で、明治になってからは岩崎彌太郎の所有となり、再整備されたという。岩崎家の庭や邸宅が東京都に寄贈されて現在も保存・公開されているってパターンは多いなぁ。

築山は藤代峠と名前が付いている。その裏手にあるつつじ茶屋は傑作。ツツジの古木材を柱に使っている東屋で、要は柱がまっすぐじゃなくてグネグネしている(^^;。ツツジの木は成長がものすごく遅いため、建材に使われるくらいのものを探してくるのは大変だったはず、と案内看板にあった。季節になるとよくライトアップされた姿がTVに映し出される有名な「しだれ桜」。これは昭和になってから植えられたもので、樹齢は75年。そのわりに巨大だった。かつてはこの場所に岩崎家の屋敷が建っていたのだそうだ。すぐ奥が大泉水(池)で眺めがいい場所だ。

園を出てから巣鴨駅まで歩く。地下鉄で帰路。んー。ちょっと歩き足らないなぁ・・・。

8735歩 5.6km 322kcal 24.6g

ILCE-7II VarioTessar16-35mmF4

2018-11-11 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事