京都旅行


よく晴れている。暑くなりそうな晴天。

早起きして今日から家族で旅行に出る。もう何十年ぶりになる京都へ向かう。

息子たち夫婦も一緒。新横浜駅で待ち合わせして、出発は7時過ぎ。ホームが日向ですでに暑い。早速駅で買ったお弁当を食べはじめる。やがて富士山が右手に見え始めたと思ったらあっという間に通り過ぎて行った。

京都駅に到着は9時過ぎ。駅前にあるバス案内所で1日券を買ってから地下鉄に乗る。わりと混雑する車内。我々と同じように旅行の人たちが多そうだ。

烏丸御池駅で下車して、今日から泊まる宿に荷物を預けてから再び地下鉄東西線で蹴上駅へ。地上へ出ると今まで来たことない「京都」だった。このあたりを歩いたことがない。

お屋敷街を抜けて南禅寺へ。ここで一度見てみたいものがあった。明治に造られた琵琶湖疎水の水道路。有名な三門を抜けた先の右手奥にわりとひっそりと佇んでいた。観光の人はひっきりなしで、とっかえひっかえ写真撮影に夢中。ま、自分もそうですが(^^;。実物を見るのは初めて。いいねぇ。これが造られた当時は”最新”を誇っていたはずで、技術というものと時間の流れを思う。インクラインも見学。わりと力技でよいしょっと頑張っているイメージ。

ここで二手に分かれることに。息子たちは行きたかった和スイーツのお店へ向かった。ワタシたちいつもの3人はバスで銀閣寺へ。酷暑のなか、冷房の効いたバスでの移動はちょうどいい休憩にもなった。

銀閣寺道で降りてしばらく歩くと参道の入り口に出た。20数年ぶりの参道はかなり様変わりしていたように思う。まあ、これも時代の流れかな。

おにぎりが推しのお店に入って昼飯。外国人観光客の人が好きそうなお店。もちろん、おいしかった。昼ビールもいただいた。

銀閣寺へ入る。向月台と銀沙灘の白砂が見事。観光の人の込具合も思ったほどじゃなくてわりとゆっくり見学できた。銀閣は1階と2階が別の様式になっていて、よくみると不思議なフォルムをしている。造った人の明確な意志が反映されているような気がするね。順路に沿って山の上まで登ってみると、正面には吉田山がこんもり。微妙に都から隠れているこの場所が八代将軍足利義政の隠居所という話も納得できる。

銀閣寺を後にして参道の出口にあったお店でおいしいブドウのアイスを食べてから、バスで清水方面に移動する。時折入るバス移動が涼しくていい休息になるなぁ。

清水道で降りて近くのコンビニへ。水筒の中身を補充する。イートインのコーナーでしばしまったりする。やっぱり猛暑でだいぶ体力消耗してるなぁ。しばらくして息子とラインで連絡を取り、待ち合わせして合流。清水の坂を登る。茶わん坂は不思議なほど観光客も少なくて、ストレス少な目で登れた。

いやあ、それにしても、20数年前に来たときとは様子がまったく異なっていた。7割くらいが外国人観光客。みなさんレンタルの和服に着替えてたりして楽しそうだ。なによりだけど。

「大人の修学旅行中」のワタシたちは、以前見てよかった風景と、修理中で覆いをかけられた本堂の今の様子をアタマのなかで見比べていた。時折涼風が吹いて風鈴が鳴る。記憶は音のせいでわりと妙なところとシンクロするなぁ。奈良の長谷寺を思い出していた。

奥の院の方までぐるりとめぐって舞台下。音羽の滝には行列。ある意味この滝が清水の一番大事な場所だからね。

はあ、疲れた。五条からバスで京都駅。そこから地下鉄で烏丸御池駅へ移動。明日の朝飯のパンを買ってから宿にチェックイン。それから駅前の居酒屋で今日の夕食会。わりと活発に今日あったことをおしゃべりした。

コンビニに寄ってお酒とおつまみを調達して、宿に戻ってからかるく二次会をして休んだ。横になったらすぐに眠れた。

22261歩 14.4km 824kcal 63.0g

ILCE-7II Vario Tessar16-35mmF4

2018-08-26 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事