交換会へ


観測史上一番高い気温の日。

朝飯を食べて仕事開始。荷造り作業を鋭意。いつもお買上げありがとうございます。

今日は交換会へ向かう。車中では今日も「播磨灘物語」の続き。黒田家が小寺家に重用されていく過程を描いている。官兵衛の父は子供の方が自分より才能があることを見極め、そうそうに隠居を決め、家督を官兵衛に譲る。官兵衛は若くして小寺家の家老となった。

灼熱の神保町。古書会館。入札。皆さん、「暑いねー」がご挨拶代わり。そりゃそうだよなぁ・・・。

昼飯を食べて店に戻る。あとは本の整理。お茶の時間に女房が用意してくれたかき氷を食べる。いいねぇ。夏には夏のお楽しみがあるよね。なんとか工夫してうまく夏を乗り切りたい。

夕食後はオークション落札品のメール書き。仕事をしながら、つべで検索して「未来のミライ」関係の感想を述べている動画音声を聞いた。ふむ。やっぱり似たような感想を持つ人が多いみたいだな。個々の描写はとてもいいんだけど、それがうまく結びついていなくて、映画が終わった時にカタルシスを感じられない、ってのが正直なところ。やっぱり脚本家が不在というのが大きいみたいだね。
ワタシも「どうしようもない作品」とは思っていない。お話としてうまく組み上がっていない、って思っている。

6449歩 4.1km 241kcal 18.4g

LEICA M2 ELMAR50mmF3.5

2018-07-23 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事