交換会へ

くもり空。今日は雨の予報。

PCを開いて驚いた。ついさっき大阪で震度6の地震があったらしい。ネット上では当然そのニュースばかりだった。あたりまえだが朝刊には地震のことが何も書いてない。むしろリアル感が増す。

朝飯を食べて仕事開始。荷造り作業を鋭意。いつもお買上げありがとうございます。ツイートとニュースの編集を終えてから交換会へ向かう。電車はなぜか遅れている。車中では今日も「関ヶ原」の続きを読んだ。小山軍議のあと、家康は江戸に戻ったが、そのまま動かなかった。最前線の清州城には東軍が集結していた。内府は何をしている、総大将がいなければ戦は始められない、と集まった者の不満が渦巻く。家康は東北の上杉に呼応して佐竹・伊達が連合しないだろうか、と様子を見ていた。東北がもしも団結してしまえば200万石を超えるため、徳川家に十分対抗しうる勢力となる。
動けない家康は清須へ伝令を出した。前線に居ながらだれも先じて討ち入る者はいないのか、という趣旨だった。その文言で怒り出すどころか、福島正則は待ってましたとばかり勢い勇んだ。

神保町。雨。古書会館。入札を終えて昼飯。たべたらすぐに帰路。店に戻って荷造り作業の続きと本の整理。運送の人から大阪方面の荷物は少し遅れると思います、と話された。

ラジオからは時折地震の話が聞こえてくる。外は雨だ。

5145歩 3.3km 198kcal 15.1g

ILCE-7II S-TAKUMAR55mmF1.8

2018-06-18 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事