大船

くもり空。

お昼ごろに二人で出かけた。今日は大船の植物園へ行くつもり。半年くらいかけてリニューアルしていたが、どこがどう変わったのか。

大船の駅ナカで弁当を買う。柏尾川沿いに歩いていく。そういえばいつも最短のルートを歩いていて、柏尾川沿いの道をずっと歩くことなんてなかったな。コイやボラが泳いでいて、アユの遡上を狙っているのか、サギやらカワウが佇んでいる。一見何気ない様子がむしろ面白い。空はいつの間にか快晴。

さて、植物園のリニューアル。まず、園の名前が「日比谷花壇」と冠書きがついていた。ネーミングライツと運営がそういうふうに変わったらしい。バリアフリー工事が各所で行われていて、本館の二階に上がるエレベーターの新設や、レストハウスにボードテラスができていたり、池が埋め立てられて玉縄桜が植えてあったり、温室が温室としての運用を(半分くらい?)やめてイベントスペース的な使い方をするようになっていたり。あと、竹とか植わっていた園の一部が閉鎖されていた。もしや土地売却?

良くなった所は、レストハウスまわりがキレイに整備されていたことが一番。今日はそこで弁当を食べた。日陰だといい風が吹き抜けた。
入ってすぐの広場に蓮の花が咲いていた。キレイに咲いている蓮の花をこんな間近で見られるのは嬉しい。花期を迎えた花を鉢に入れて一番人の目に触れる場所に置くのはとてもいい。アガパンサスも見やすい場所にズラッと植えられていた。

数年前に訪れた時にこりゃすごいと唸ったのはスカシユリの群植だったが、もうそこまでの規模ではやらないみたい。あの時は写真を撮りまくった。一緒に来てた娘はその時撮った写真をいまでもPCの壁紙に使っているほどお気に入りにしてる。

ぐるっとひと回りしてから入口前の広場のベンチに座っていろいろ喋りながら休憩。その後、大船駅まで散歩しようと思い、さっきの柏尾川方面に向かい、山崎跨線橋を渡ってみた。何の変哲もない道と思って歩いていたところ、道の向こう側が廃線跡であることに気づき、道を渡って様子を見てみることになった。たしかに踏切跡のようだ。もう使っていない。線路はまだそのまま。朽ちた看板には「JR」の文字も見える。そこまで昔じゃないみたい。単線だし営業路線ではないが、なんだろうな。工場の引き込み線かな、ってところまで考えた。
すぐその先にモノレールの軌道が見えてきたので、興味はそっちの方へ。何度か大船からモノレールに乗って江ノ島まで往復したことがあるが、下から見るのははじめて。懸垂式ってかなーり低い位置を通っている気がする。道路上だとスレスレ感が出る。実際は結構上なんだけど。

モノレール沿いに歩いていったら大船駅に行けるはずだが、実際の路線は直線距離よりもかなり大回り。そりゃ横須賀線とか東海道線が分岐してる場所だからね。跨線橋を2回渡った。でも、いい散歩になった。はじめて歩く道はどこでも楽しい。

15000歩 9.7km 565kcal 43.2g

ILCE-7II S-TAKUMAR55mmF1.8

2018-06-17 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事