交換会へ


雨。

今日は交換会へ行くつもり。朝飯を食べて仕事開始。荷造り作業を鋭意。いつもお買上げありがとうございます。雨の日は少なめだ。

ツイートとニュースの編集まで終えてから出かける。今日も車中では「関ヶ原」の続き。中巻を読み終わる。小山軍議の前。諸大名たちの心の動きを描写するとともに、家康が軍議当日に備えた手について。ここで7万の軍を家康の私兵にしないと天下分け目というわけにはいかない。そこで福島正則と黒田長政を使った。映画ではこのあたりの描写はまったくなかった(と思う)。さっさと関ヶ原当日の場面に切り替わっていた。まあ、映画的にも合戦をこってり描きたかった、というのはわかるけど、実際の戦は戦う前に勝敗が決していることが多い。関ヶ原もこの小説を読むと前段階で勝敗はほぼ決まっていたことが読み取れる。西軍に属しながら毛利軍が動かなかったのはなぜか。小早川秀秋が寝返ったわけは何か。だいたいこの中巻に書いてあった。ま。諸説あるんだろうけども。
司馬遼太郎の小説は後に起こることの説明を何度も繰り返して書くことがよくあって、たぶんそれは新聞連載小説だからそうなんだろうけど、読者は記憶が時折補強されて曖昧になることもなく読み進められる利点はあるかも。そういう意味では電子書籍向きかな。基本的に電子書籍は前の記述を読み返したい時があっても操作が面倒すぎて事実上できないから。

神保町。雨。古書会館。入札を終えて昼飯。すぐに帰路。店に戻って本の整理。

今日はなんだか眠くてはかどらなかったな。

6044歩 3.9km 227kcal 17.4g

走水 撮影:RolleiB35 TRIOTAR40mmF3.5 2018年5月

2018-06-15 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事