大市会


くもり空。南風。雨が降ったり止んだり。安定しない。

朝飯の前に3人で記念写真。この時期の恒例行事。独立したので今年から息子が写らなくなった。

朝飯を食べて仕事開始。荷造り作業を鋭意。いつもお買上げありがとうございます。

終えてから神保町へ向かう。今日は大市会の下見日に当たっている。かつては全古書連の大市会が開催されていたが、今回から別の市会の大市が当てられている。大変革。

向かう車中では今日から司馬遼太郎の「関ヶ原」を読み始める。前に読んだことなかったみたいだ。去年公開された映画は劇場へ観に行った。端折る箇所を間違えて話がつながらない残念な出来だったが、厚めの文庫本3冊分ある原作をわずか2時間半の映画にするのはもともと無理があっただろう。出だしの部分を読んでみたが、意外と映画が原作通りに作ろうとしていたことがわかって驚いている。無理ですよ(^^;。司馬遼太郎の文章は長編は特に途中で文体も変わるくらい一貫してないところがあるんで、むしろ「原作通り」に語ろうとすると、あとから「あれはなんだったんだ?」ってことも起こる。
架空の人物はたくさん出てくるし、登場人物のキャラ付けがわりと後の戯作から引いてきている。今作も娯楽要素が濃い目。関ヶ原の遠因は北政所派と淀派の対立にある、と書いている。尾張派と近江派とも言えるね。

神保町。古書会館。大市会会場。本の山(!)。入札を終えて昼飯を食べたらすぐに帰路。
荷造り作業の続きはほとんどなく、本の整理を始めた。

5704歩 3.7km 216kcal 16.5g

ILCE-7II SUMMICRON35mmF2

2018-04-11 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事