雨の中散歩


朝から雨。

朝飯を食べて仕事開始。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。

終えてから近所のファミレスまで3人で昼飯を食べに出る。雨はやんでいる。ファミレスは混んでいた。結構広いフロアで、空席はあるんだけど、案内する店員さんが不足していて順番を待っている客をうまく回せていない様子。今や時給1100円なのね。それでもやる人が不足なんだな。
我々の座った席の隣に若いお母さん二人と子ども二人が居て食事中。ストレス発散トークだいばくはつで子どもたちはそんな様子に嫌気がさして徘徊しているかんじ。大変そうだなー。理由もなく湧き上がる怒気ほどどーしよーもないことってないだろーからね。

食べ終わって外に出たら雨が降り始めていた。娘の女房は100円ショップに用事があるらしい。ワタシはそのまま電車に乗って田町まで。この雨の中、どうしていつものレインボーへ行こうと思ったのか、理由はわからない。ただ、誰も歩いていない雨ダダ漏れの橋をただただ早足で歩いたのは確か。東京風景は雨のカーテンで真っ白け。何も考えずに歩きたかったんだろうね。雨まじりの北風に吹かれて髪が真横に逆立った。
渡ったあとにアイス休憩して、海浜公園を少しだけ歩き、中止になったビーチバレー会場を横目に東京テレポート駅。案外バスで田町まで戻ってJRで小杉駅の方が早かったかもしれない。ま。それはそれとして。
さすがに今日は豊洲新市場の定点観測地点へ行くのはあきらめた。でも橋から見た様子だとだいぶ工事は進捗していたね。

店に戻ってから仕事再開。夕食後は息子が借りてきたDVDでクリストファー・ノーラン監督「インターステラー」を観た。人間は宇宙へ移住できるのか、がテーマのようだけど、描かれているあらゆるエピソードが唐突だねぇ。SFなのかドラマなのかファンタジーなのか。監督の過去作同様、どう取っていいのかよくわからない話だったな。だって、未来の人間に「五次元空間」が作れるなら”現在の問題”はすでに解決されて問題ではなくなっているんじゃねーの(^^;?
宇宙空間の描写がとにかくアバウトだねぇ。中途半端にリアルを追求するとむしろ違和感がでてきちゃう気がするなぁ。スターウォーズくらいファンタジー化すれば話は別。それが話のキモじゃないってわかるから。
重力と時間の関係。相対性理論。望遠鏡で遠くを覗くと何万年前の宇宙が見える。そんな感じのキーワードが組み合わさってアタマがモヤモヤする。3時間は長すぎ。
13872歩 8.32km 127分 701.5kcal 18.8g

SONY DSC

2015-07-05 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事