東京湾岸

晴れてるような曇ってるような。
午前中いっぱい荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。多めだった。
午後、女房と二人で出かけた。電車に乗る直前まで決めていなかったが、急遽、先週の散歩コースの逆回りを思いついた。日比谷線の築地駅で下車する。ちょうど昼時だったので、築地めしでも、と思ったが、昼時はものすごく混んでいて、どこのお店も人でいっぱいだった。まして、昼飯でイメージしている金額と、築地めしの相場が「かみあわない(女房談)」ため、素通りすることになった。
そのまま勝鬨橋を渡り、道路の向こう側にまだ名無しの橋を眺めた。昼飯は勝どき駅上のビルに入っているファミレス。結局値段に納得できないと難しいよねぇ。アンチョビとマイカのピザがおいしかった。
黎明橋を渡り、晴海三丁目交差点。ここから晴海大橋を渡る。先週は気が付かなかったが、晴海側から見るといかにも未完成な姿をしていた。両車線が外側にぐわっと拡げてあって、真ん中が広くぽっかりあいている。そのスペースに首都高晴海線が来年度中までに豊洲から伸びてくる。この交差点に出口ができて終点打ち止め。現在首都高晴海線はゆりかもめ市場前駅交差点で基礎打ち込み工事中。
勝どきは市街地化しているが、豊洲側は広大な緑の空き地となっている。台場も20年前はこんなかんじだった。草ボーボーの真ん中ではピーチクピーチクと間断なく鳥の声がする。ヒバリだろうか。ひとけもないのでとてものどかな感じがする。時折ゆりかもめが軌道を通り過ぎて行く。
で、いまだ完成して間もないためグーグルマップにも載っていない新しい道に入る。今日も市場建設地はなんの衝立もなくドーンと公開されていたが、先週よりもユンボやブルドーザー、重機が少なかったような気がした。何枚か写真も撮ったけど、先週は嵐が来る直前の絶妙なタイミングで撮影できたため湧き上がる黒雲をバックに絵が劇的に仕上がったが、今日の空はただノペーっとした薄曇りのフラットな空だったからつまんない絵にしかならなかった。
ただ、今日も工事現場を写真に撮っている人が数人いたし、映画(ドラマ?)を撮影しているロケ車も居た。若い男女の俳優さんが制服姿で自転車二人乗り。この空き地の広い風景をバックにラブラブな感じの絵を撮りたかったんだろう。ふたりとも知らない俳優さんだったけど、「優男だね」と女房。今はああいう感じの男が”流行ってる”のかね。ウチの息子っちに雰囲気が似てた(女房談)。
いよいよ疲れてきたので、台場に渡ってからスーパーでおやつを買って一休み。公団住宅の中庭にあるチューブ状のグルングルンに巻いてある遊具を眺めながらベンチに腰掛けた。はじめてお台場に来た時は子供たちがこの遊具に潜り込んでよく遊んでいたなぁ。もうあれから10年以上経つのか・・・。その遊具の周りでは派手なメイクをした女子5人の集団が交代で写真を撮っていた。日本語を喋っていなかった。変われば変わるもんだ。
東京テレポート駅からりんかい線に乗って帰路。ところで、この駅はなぜ「東京瞬間移動駅」と名前がついたのかな(^^;?
12572歩 7.54km 123分 590.1kcal 15.4g

2014-07-06 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事