ひたすら


くもり空。
今週はひたすらに本の整理を続けた。気がつけば7月になっており、久しぶりに甘露通信の在庫表示をアップデートした。以前は1カ月ごとに直していたが、いつしか3カ月に1度となり、今年から半年に1度になっている。表示する在庫数が少なくなった、のが直接の理由。意識してというよりも自然の成り行きと言った方が合っていると思う。
「ネットで売る」という言葉も、10年以上前と今とでは言葉の意味は変わっていないが、その内容は変遷を遂げている。当初はホームページを作って在庫表示するだけでも多少の効果が認められたものの、「日本の古本屋」サイトが出来たときに、その意味は半減することになった。それからは「日本の古本屋」にデータを登録することが売り上げアップに直結するようになった。
時が過ぎた。現在では「日本の古本屋」からのご注文は盛期に比べればほとんどなくなり、「ネットで売る」カタチは全然別になっている。
これはネット社会がさらに進んだうえに深化したことの表れのようだ。
つまり、巨大プラットフォームに人は集まる、ということ。個人レベルで作っているホームページで採算ベースの売上げを上げるだけたくさんの人を集めようとするのはもはや現実的ではなくなってきている。
個人は、形成された巨大プラットフォームに参加するという活動の方法がこれからのカタチになっていくように思う。それを目に見えるわかりやすい形でやっているのがラゾーナなどの大型ショッピングモール。もちろん、入ってからの方が大変なのはリアルもネットも変わりはない。
今日はそんなことを考えざるを得ないような話を、家族とした。
外は雨が降っている。
1004歩 0.60km 10分 46.2kcal 0.6g
20100703.jpg

2010-07-03 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事