蛇崩

朝起きて仕事開始。外はくもり空。
朝飯を食べてから荷造り作業を継続。ちょうど終わったころに女房と娘が降りてきた。雨も降らなさそうなので出かけることにする。
中目黒駅で降りて蛇崩川緑道を歩くことにした。いつも東横線の窓から見る景色。いかにも川の場所に蓋がされて暗渠化。そこが歩道になっていて桜並木に。なかなか風情のある場所。
途中途中に蓋がされる前の橋にぶつかる。なるほど今も橋っぽく整備されている。このあたりは昭和48年くらいに暗渠化工事が完成して歩道に整備されたのだという。全くクルマが走ることができないようになっており、歩道の両側にたくさんの植物が植わっていた。女房は珍しい花に反応してちょっとした植物園を見物している気分。
歩道をひたすら歩いているうちに、「蛇崩」と書かれた信号交差点を発見。斜面の五差路だ。蛇崩の名前の由来は、「川が蛇のようにうねって流れていたから、とか、両岸を深く浸食しそこに土砂が崩れていたから」という説があるみたい(目黒区教育委員会の説明)。
辺り一帯は斜めに切れ込んでくる道が多いが、これは小川の名残だろうか。湧水が豊富だったのかもしれない。蛇崩川は弦巻に源があるようだがそこまで行かず、下馬で右に折れて北上。世田谷公園に入った。ミニSLが走っている。馬も居るなぁ。噴水もある。手作り遊び場なんてのもあるぞ。なんだかすごいねぇ。
公園を出てファミレスで昼飯。そのまま北上して三宿の交差点。三軒茶屋へ行くか大橋ジャンクションを見るか、と娘に聞くと「どっちでもいいから早く帰りたい」と残念な答え(^^;。じゃあ246を大橋経由で渋谷まで歩こう、ということになった。
長い下り坂を降り切ったところにドーンと大橋ジャンクションが姿を現した。陸上競技場のトラックと同じくらいの寸法らしい。こんな大きな空き地があったのか?と思ったら、やはり再開発で、平成9年頃までここには普通にビルとか建っていたらしい。ジャンクション機能は完成したが周辺再開発はまだまだ続くようだった。
ぐるっと一回りして再び246。神泉を通り過ぎ、道玄坂上から道玄坂を降りる。マークシティを通って岡本太郎「明日の神話」。でかいなぁ。
ブックファーストで本を買って女房と娘は先に帰る。ワタシはBカメラにフィルムを出しに行く。
店に戻って荷造り作業再び。夕食を食べてからしばし居眠り(^^;。
12369歩 7.41km 123分 550.3kcal 14.4g
20100620.jpg

2010-06-20 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事