1日店

快晴。
月曜日だというのにゆっくり寝てしまった(^^;。朝飯を食べながら徐々に気持ちを上げていく。充実したところで仕事開始。どりゃあー。荷造り作業。大量・嵩。いつもお買い上げありがとうございます。
結局昼過ぎまで全力であたっても全然終わらず、昼飯の時間となる。龍馬伝。池田屋事件。大河ドラマ「新選組!」で見たときには長州の志士たちは都に火を放つテロリストのように描かれていたが、今回はもの言わず粛々と仕事をこなしていく新選組がある種殺人集団のように描かれている。ように感じる。凱旋する新選組の隊列が印象的だった。
同じ歴史的事件でも見る角度が変われば全く違った像がそこに浮かび上がる。ドラマ形式で歴史を描こうとしたら客観性は保持できないのだろう。だからこそドラマとして描いている。つまり、創作だ。
再び荷造り作業。ドーンと積み上がった。ああ。少しだけ片付いた気がする(^^)。とにかくオヤジの本が増える一方だから置き場がなくて・・・。
お茶の時間。昨日鎌倉で買った鳩サブレと「ちょっと安かったから買ってみた」というカントリーマアムのクリスピー。どちらもおいしかった。ただ、カントリーマアムは中がやわらかいのが売りなのでは?
そういえばiPadが発売されてからしばらく経つが、ワタシのTL上にはあまり話題が上がっていない気がする。思ったほどではなかったのか、それとも、すでに欠かせない道具として普通に使っているためにわざわざ話題に上げないのか。
ネット上の記事はレポートが充実してきている。見つけるたびに読んでいるが、やはりパソコンでバリバリ仕事をしている人がその勢いをiPadにも期待するのは無理、とある。出先でのWeb閲覧やちょっとしたツイート、メールくらいの用途に限定したほうが、という意見。ふむふむ。
ゲーム機として見たら面白そうだけどなぁ。アプリも安いようだし。
電子書籍に関してはまだどういうフォーマットが良いかという入口でもめているようだ。1冊の内容をアプリとして出せばいわゆる紙の本を超えた機能(動く・飛び出すなど)を付加できそうだが、将来のフォーマットの進化・変更に遭って何年も使える本にはならない。逆に最小限の文字データだけにすれば半永久的な寿命は与えられるだろうが、電子書籍ならではの魅力を盛り込めない。
仕事を終えてからランニング。昼間は暑かったけど、ちょうどいい気温になっていた。
9009歩 5.40km 70分 492.4kcal 20.9g
20100607.jpg

2010-06-07 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事