定休日

くもり空。今日は雨が降る予報。
今日は学校が創立記念日だという息子もお休みで家に居る。あれ?たしか去年は創立記念日5月だったのでは?ま。いいか。振替って考えれば。
荷造り作業を終えてからメルマガを出す。新入荷品といっても文学書ばかりなので、正直お送りしていても無力感がある(^^;。メルマガという方法もウチとしては経年によって時期を過ぎてきた印象。需給ギャップといえばわかりやすいか。
対照的なのは、ヤフオクのニュースレター。ストアになってから継続的に発行を続けているが、登録者はほぼ一貫して増加し続けている。現在は7300人以上の方に週3回配信。ヤフオクの「注目オプション」とともに広告ツールの主役として利用している。
たまに烈火のごとく怒った方から「無断でメールを送ってきてけしからん!」という趣旨のメールをいただくことがあるが、それは入札する際に「ニュースレターを希望します」という項目にデフォルトでチェックを入れているヤフオク側に言ってください・・・(^^;。
最近急に重視するようになったのはTwitterでのツイート。そもそもTwitterを始めたきっかけはヤフオクにTwitterボタンが設置されたため。当初はフォロー数との兼ね合いもあって最初に取ったアカウントで商品情報のツイートをしていたが、どうも自分のツイートとごっちゃにすると良くないような雰囲気なので、最近別のアカウントを取って商品紹介のツイートはそちらですることにした。
同じ方法がいつまでも有効で続いていくとは限らないこの世界。進化、というよりも、流されていく、っていう感アリ。もちろん、その流れに抗うのも一つの考えだろうけど、流れに乗ってみるのも一つの考え。ネットとリアルは別、というより、ネットのあるリアルを意識したい。なぜなら、もうネットのない世界はこの先存在しないから。
そんな世界の中での本の存在感を考える。もちろん、電子書籍と本は並立すると思っている。
本の”機能”は案外多岐で、たとえば”読む”だけで済むのは軽い読み物か新書程度のテキストにほぼ限定される。”使う”という本の機能はなぜか見落としがちだと思う。それは、本を実際に使っている人ならいずれすぐにわかることだと思うけど、あくまで”テキストを覗く”カタチを取るしかない電子書籍にはない本の重要な機能の一つ。
それはまるで空気のように、失って初めて気が付くものなのよネ。
588歩 0.35km 6分 26.0kcal 0.0g
20100420.jpg

2010-04-20 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事