竪穴式住居

やっと晴れ。
朝飯を食べて、荷造り作業も一通り終えて出かけた。
先週木曜日に小学校の授業で連れて行ってもらったという横浜市歴史博物館に行きたい、と娘。なんで(^^;? せっかくひさしぶりに晴れたから鎌倉でも散歩しに行きたかったのだが、女房が「遠くない?」と反対。なんで(^^;?。そんなら坂道巡りに行くよ、と言えばいい顔はされなかった。
考えるだけ時間の無駄と分かり、娘が是非行きたいという歴史博物館に決めた。
日吉駅から地下鉄でセンター北駅。いわゆる港北ニュータウンの中心地だった。開発が始まって20年といったところだろうか。道も鉄道も整備が進んでかなり開けている。巨大ショッピングモールがいくつも立ち並んでいた。
博物館の手前まで来たが、昼飯時だったので先に食べてしまおう、とあたりを見回すとどこにも食べる場所がない(^^;。そういえばファミレスが見当たらない。コンビニもないね。「敷物も持ってきてないよ」と女房。仕方なくガラガラの巨大ショッピングモールに入ってみた。今はやりのフードコートへ。なんとここだけ大混雑(^^;。空席があるわけもなく、並んで待っていたりする。巨大売り場をガラガラにしておくなら、全館フードコートにしてみたらどうよ、と憎まれ口をきく。腹が減っているからガラが悪いや(^^;。
こーんなひらけた街で昼飯難民となる。結局駅まで戻って駅のカフェでカレーを食べた。
さて、歴史博物館。さすが小学校の授業で来るような場所。先土器時代から現代までサラーっと日本の歴史を解説してくれる。鎌倉時代の六浦の繁栄の解説や、江戸から幕末・明治あたりの横浜に関する解説はなかなかおもしろかった。
展示を見てから、道を挟んで隣の大塚・歳勝土(さいかちど)遺跡のある公園に。小高い丘の上に竪穴式住居を復元してあった。国指定遺跡。このあたりで85棟発掘されたらしいが、復元は7棟。中に入ってみると中央に火があったような凹み。屋根は茅葺きで、これはデザインも構造も茅葺き屋根そのものなのでは。これが縄文期にはできていたとすると、家屋の基本的な形はごく最近までほとんど変化がなかったことになりそう。
風もなく、それなりに暖かで散歩日和の1日。
9543歩 5.72km 97分 420.3kcal 10.7g
20100418.jpg

2010-04-18 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事