風邪


快晴。布団干し。
朝飯を食べながら「坂の上」を見る。好古が陸軍大学校からフランス留学へ。真之は海軍兵学校へ入る。子規は俳句を志し、いよいよそれぞれ歩む道が決まる。男子は生涯一事をなせば足りる、の言葉。明治人らしさだなぁ。それにしても、好古のこの父性の強さはどこから来ているのだろう。
陸軍がフランス式からドイツ式へと体制を変えたため、フランスへ向かった好古は出世コースから外れた、という。ところが、フランスで騎兵の基礎を学び、日本で唯一騎兵の本質を理解する軍人になった。好古の上官には近代騎兵の使い方を知っていた人はおらず、後の日露戦争・満州の会戦で大変な苦労を背負うことになるが、それは再来年放送分かしら・・・。
次回はいよいよ日清戦争へ向かっていく。どんなふうに描かれるだろうか。
店を開ける。しばらくして母親からTEL。オヤジが熱を出して医者へ行っているとのことだった。一人で行けるくらいだ、ということと、昨日も今朝もちゃんと食事を摂った、と聞き、大事はなさそうだ。熱が下がるまで寝ていれば治るでしょ。
母親は「うつると困るから」と早々に店までやってきた。まあ、寝ている横に居ても仕方ないか。明日はお休みだからゆっくり休んでください。
荷造り作業とオークション出品作業。今日も1日頑張った。
夕食のおでんを食べながら家族に乾杯。西田敏行さん。女房が「これってタイガー&ドラゴンの組み合わせじゃない?」と。ああ、そうか。どんちゃんとけんちゃんだ。また見たくなっちゃったヨ(^^;。
オークション落札品のメール書きを終えて久しぶりにランニング。北風も吹いてだいぶ寒いが、休養十分なのか長原まで比較的軽快に走ることができた。いいぞ、その調子だ。
11505歩 6.90km 89分 630.3kcal 23.0g
291207.jpg

2009-12-07 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事