近所を散歩

ゆっくり9時過ぎまで寝る(^^;。
天気予報はくもりから雨。ところが、晴れていた。娘は「自転車に乗りたい」と言う。すでに回るコースまで決めている様子。ハイハイ、わかりました。
近辺で自転車を思う存分漕ぎたい人には多摩川のサイクリングコースがある。多摩川の河川敷に沿って川崎からずっと上流まで続いている。ワタシも小学生のころに京王稲田堤までママチャリで走ったことがあった。晴れた冬の日だったから、ずっと遠くに見えていた山が少し近くに見えて、思えば遠くへ、みたいな気持ちになったことを覚えている。
娘にはそういう発想はなし。近所をぐるっと軽く走れればいいのだとか。昼過ぎに出る。もう曇っていた。山王町から大通りに出て、下沼部交差点を右折。向河原商店街に入る。ここから見上げたNECの高層ビル風景のミスマッチ(^^;。すげえ。ランチ営業の居酒屋さんで昼飯を食べる。
南武線を渡るとNECの敷地内。このあたりも随分様子が変わった。横須賀線の高架をくぐる。すぐ横に新駅が建設中だった。ここにホームができるんだな。隣が新しい高層マンションが林立しているエリア。長い間空き地だった場所と、工場移転によってできた広大な敷地に次々立ち上がった。現在はまだ機械メーカーの工場建物が残るエリアも、いずれ近いうちにマンションと大型商業施設に建て替わることになっている。街の様相はこれからもまだまだ大きく変わり続けるようだ。
実はこのあたり新丸子東三丁目で小杉ではない。武蔵小杉駅前の立地から住所も小杉かと誤解しがちだが、実は新丸子。娘はあまり歩いたことがない学区探検をしたかったのだそうだ。
南武線をくぐる地下道が新しく完成したというので、それも行ってみることになった。ずっとあった高さ140cmしかない”味”のある地下道が先日閉鎖になっていた。確かにきれい。渡った先が表通りに接していないため、隠れた新名所と言ったところか。
ワタシはそのまま店に戻り、女房と娘だけで自転車を置きに行った。それから、筒井康隆「パプリカ」を読み始める。映画版とはまたかなり違った設定と流れ。映画で描かれていたキャラクターを思い描きながら読み進めた。
夜、雨。
6655歩 3.99km 66分 293.2kcal 7.4g
291129.jpg

2009-11-29 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事