往復

曇り空。
肋間神経痛(?)は今の所小康状態。なのをいいことに今日は交換会へ出かけることにした。無理は禁物なのだけど・・・(^^;。
朝飯を食べながら「14才の母」を見る。話はほとんど進まなかった。ラストが前回と同じような感じというのもどうなんでしょう。
新聞のTV欄では今期のドラマ評でよく取り上げられている。14才という設定はあくまでも視聴者をひきつけるためのもの。もしや昨今の学校の状況も視野にあるかもしらん。主役の女の子の演技が秀逸で、ともすればリアリティーのない展開(周りがバタバタしすぎ)になってしまいそうな話を引き付けるものにしている。現実はそこまで(会社がつぶれるまで)混乱しないでしょ・・・(^^;。
この世に数多いる人間は皆母親から生まれてきたわけだから、ドラマでなくても人間の出生についてはそれぞれ想いがあるはず。ワタシは彼女が一人静かにお腹の中の子を思うシーンが好きです。来週はいよいよ出産とか。
にしても、やっぱり出産って女性の一大イベントなんだなぁ・・・。陣痛って大人になる本当の意味でのイニシエーションなんじゃなかろうか。
古書会館。交換会で入札。先日いただいた古書目録「本の華」で注文した本を届けてくださる方有。ありがとうございました。
また何か読もうと思い本屋をうろつく。すると地下の本の新刊があったのでついまた買ってしまった。今回は東京駅周辺のことがこと細かく書いてあった。最近東京駅周辺にあるビルが軒並み建替わっているが、それにはちゃんと理由があるとのこと。そういえばわかりやすくも丸の内地下駐車場は現在工事中で閉鎖となっている。
駅前の回転寿司で昼飯を食べてから地下鉄に乗る。道中ずっとこの本を読み続けた。推理小説のようで面白い。
店に戻ってから荷造り作業を一渡り。いつもお買い上げありがとうございます。出品作業を女房に任せたらさすがになかなか数をこなせず。1日に10件がやっとのペース(^^;。まああせらずペースを守って続けてください。
晩飯を食べながら「僕の歩く道」を見る。うーん、ここまでうまく行くものなのかしら・・・。
261130.jpg

2006-11-30 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事