大市会

ありがたいことに今日開札日の古典会大市会に呼んでいただいた。
大市会運営のお手伝い。朝10時までに東京古書会館へ。このブログに何度も書いているけど、交換会運営のお手伝いは大好きだ。数年前に明治古典会経営員を辞してから時間が経過し、経営員をしていた頃とは仕事のペースが全く変わってしまったので、なかなか突然参加というわけには行かなくなってしまったのが残念なのだけど・・・(^^;。
神保町駅を出て日曜日の靖国通り。意外と人は歩いているけど、まだ10時前でどのお店もやっていない。雨もぽちぽちと落ちてきて少し早足で駿河台下へ抜けた。
集合時間。出席の確認があって、今日の仕事のご説明。早速開札作業が始まる模様。ワタシは開札者が開けた札に間違いがないか点検する「札改め」という仕事に就く。交換会の主役はもちろん運営者であり、出品者であり、入札者なのであるが、その運営者とは普通市会運営組織を指す。この業界の場合、運営者も出品者であったり入札者であったりするので期間中はずっと忙しい。そのため当日の現場運営は現役経営員、もしくは他会経営員、経営員経験者を中心にチームを組んで行うことが多い。ワタシはそこに今日参加させていただいたのだった。
これ以上の詳細は一応書かないことにします。
作業は順調に。大きな事故もなく、怪我もなく。明日の準備が出来たところで我々お手伝いの面々は解散と言うことに。お疲れ様でした。
今日一緒に働いた明治古典会経営員の皆さんと居酒屋で飲み会。19時半頃に入って閉店時間まで(^^;。長居しました。久しぶりに飲みながらだったのでワタシはあれこれとしゃべりっぱなし・・・(^^;。皆さんを酔っ払いのたわごとに付き合わせてしまってスイマセンでした。
来月もお仕事をもらいました。
新丸子駅に着いたのは日付が変わる頃。そうだ今日まで半額セールだった、とビデオ屋さんに寄る。DVDを3本選んでレジに持っていく時、財布に半額券が入っていないことに気が付いた(^^;。そうだ、昨日邪魔だからって財布から外に出しておいたのだった・・・(バカ)。
元に戻してすごすご店に戻る。
日記を書き始めたら猛烈な睡魔が・・・(!)。
261119.jpg

2006-11-19 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事