今日も1日店

朝から快晴なり。但し、出かける予定なし(^^;。
今週は1週間カンヅメになって仕事をこなしてきたが、店に積み上がった本は多少減った程度(^^;。仕事能力の低さを思い知りながらもコツコツやっていくしか方法もなく、途中オヤジの本をこちらに回されてもがくものの逃げるわけにいかない。やりますよ。今日も。
昨日録画した「セーラー服と機関銃」を見ながら朝飯を食べる。話はどんどん不可逆の方向へ進んでいく。ええと、ずっと前に見た薬師丸ひろ子版のオリジナルはどんな話だったかなぁ・・・。実はそれよりも原田知世版「時をかける少女」の印象が強かったりする。「深町くーん!」 ・・・真夏の話もいよいよ来週が最終回。
昨日一昨日とオークションでの落札品が少なかったので、今日は発送荷物も少なく、朝から出品作業を始めた。オヤジから預かった分を午前中のうちにまず終える。昼飯を挟んで今日仕事をかける分を積み上げた。結構な量になる。写真を撮り始めると今日1日で終わるだろうか、と思う。でも、今までの経験から言って、写真を撮ってしまえばあとは何とかなるのだった。
先週入荷したミリタリー関係の一口。先の大戦時の日本の軍備がわかる本。その中で、明治時代に横須賀で造船所が出来ると付近一帯は撮影禁止区域になった、とある。写真になってしまうといつかその情報が漏れるので、軍事施設そのものを撮影しないという方針のようだ。なるほど。
それと、現在はK大になっている日吉の地下に連合艦隊の司令部があったという記述。そういえば地下鉄日比谷線は長く”日吉行”となっていたっけ。もちろん日比谷線は霞ヶ関まで1本で繋がっている。ま。偶然じゃないだろうなぁ。
自分で面白いと思う本を買ってきてパラパラ眺めながら本の入力する作業は楽しい。もちろん全部を斜め読みしてたら仕事にならないのだけど・・・。
明治維新以来の日本の歴史は現代人にはちょっと想像つかないくらい戦争の連続だったことがよくわかる。昭和40年代から50年代に発売されたこれらの本には、なぜか日本がこれほどの戦争をする動機はあまりハッキリと書かれていない。書きたくても書けない事情があったのかもしれない。
夕食の時間までに今日予定の分はすべて出品し終えた。今日はかなり仕事がはかどった。夕食を挟んで落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。日記は日付が変わってから。
明日は古典会大市会のお手伝いで神田へ行く。1日雨の予報。
261118.jpg

2006-11-18 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事