1日店

月末から月初にかけては仕事が立て込む。
会計関係は母親がやるのでワタシは関係ないが、主にHP上の更新ね(^^;。まずは古書在庫目録。データベース管理ソフトにhtml形式で構成してくれるモードがあって助かっている。HP上に載せる時にミテクレを整えるので多少時間がかかり更新を毎週というわけにはいかなくなる。もっと劇的に売れてどんどん入れ替わってくれるなら頻度を上げますが・・・(^^;。
あとは日記。バックアップの意味も考え、一ヶ月単位でBLOGだけではなくhtmlで日記ページを保存している。特に最近だが、日常の生活が単調化してくると過去の日記を読みたくなることがある。そして読んでみて大抵ビックリする。記憶の断片として残っているあの場面と、あの場面。日記を読むと時系列まで正しく記憶できていなかったりするのだ。人間の記憶なんて本当にあてにならない、と思う。記録することであとで何か役に立つのか、と改めて問われればわからない、としか答えようがないが、ここまで続けるとむしろやめることが怖くなるのが不思議。ネットという仕組みが続く限り一生書き続けるのではなかろうか・・・(^^;。
朝飯を食べながら土曜日に録画した「弁護士灰島秀樹」を見る。長いので2回に分けて見た。一応「踊る」シリーズに入るのかな。前作「容疑者室井慎次」で出てきたキャラのやたら濃い弁護士さんの話。ストーリーにいわゆる”踊る”らしさをあまり感じられなかったが、その分だけ話が丁寧に作られていたような気もする。でも「容疑者・」を見てないと繋がりを感じられなくて戸惑うかもね。
あの濃いキャラクターは小さいころから一人ぼっちで育ったから、という設定。人の子の親としては考えさせられる。でも、だからといって子供たちとの距離感をいろいろいじるのは良くないかな、と思う。自分の感覚以上のことをして無理するのはかえって子供たちにとって良くないだろうから。最後まで面白く見た。
石田ゆり子さんもお母さん役が似合うようになったんだなぁ・・・。踊ろよフィッシュ!
荷造りと出品作業を交互にしているうちに夕食の時間。1日過ぎるのは早い。食べながら「僕の歩く道」。TVばっかり見てるなぁ。子供たちは剛くんが出てるということもあってか、興味深く見ているようだ。
夕食後、オークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。終わらせてから甘露PHOTO日記の更新作業。今日はマキナ67の写真。
261101.jpg

2006-11-01 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事