暑くもなく寒くもなく


ちょうどいい陽気になってきた。
朝はまだ北風が冷たい。4月もそろそろ下旬だというのに涼しさを保っているなんて、ちょっとうれしいかも。暖かいとなると徹底的に暖かく(つまり暑く)なる傾向が顕著だった近年を思えば、たしか昔の春はこんな感じだったな、と。
反町へ向かう電車の中では今日も岡本太郎。先日行われたダイヤ改正でちょうど今まで使っていた時間帯に元住吉止まりの電車が立て続けに2本来るようになり、小杉で足止めされることとなる。その後特急が来て菊名で前の各駅停車に追いつくから、むしろ乗れる時間帯が広がったとも言えるのであるが。実際特急といっても下りはガラガラで、ゆっくりと本が読めるのはありがたい。
そういえば車内でケータイを眺めている人は依然として少なくないが、本を読んでいる人が目立つようになってきた。ケータイの人はあの小さな画面でどうやらゲームをやっていらっしゃるらしい。ゲームねぇ。そろそろ飽きたけどね・・・。面白さで言えばきっと本のほうが面白いと思う。しかもそこから得られる満足感を考えればきっと安い。ゲームはやったあと使ったカネと過ごした時間を思い大抵むなしさが残る(^^;。もはやワタシにとって気晴らしにさえならない。
古書会館では今日も事務仕事。先週の金曜に切れたプリンターのトナーが届かず、なかなか仕事が進まないものの、実に今日はやらなければならない仕事が一杯あり、思ったことの半分も出来なかった。各方面に電話をかけまくったり、葉書を書いたり、いろんな方のお話を伺ったり・・・。
いよいよ全古書連の総会を控えて用意するものをそろえて、タイムレコーダーは17時過ぎ。
店に戻ってからはもちろん仕事。やはり月・金と古書会館に詰めるとずっと忙しくなってしまい、単調な生活となりがち。変化が欲しい。任期が終わったら考えますか。
それまでは本でも読んで脳内トリップします・・・。
260417.jpg

2006-04-17 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事